Specht & Pryer とは


スペクト&プライヤー法律事務所は、バンクーバーのダウンタウンの中心というとても便利な場所にあり、豊富な知識と経験でお客様ひとりひとりに心のこもった親切な対応で、最高品質のリーガルサービスをご提供しております。

弊社では、主に以下の分野を扱っております。
  • 交通事故/ICBC
  • 移民申請、ビザ申請
  • 刑事弁護/飲酒運転
  • 離婚
  • ビジネスに関する法律相談

フレンドリーな親日家の弁護士ロバートが皆様のお悩み、問題を解決致します。
まずは30分の無料相談をお気軽にお試しください。
お申し込みは電話またはEメールで受け付けております。
日本人パラリーガル通訳がおりますので、お気軽に日本語でご連絡下さい。

Tel: 604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com 


Address: # 1150-789 West Pender Street
                  Vancouver, BC, V6C1H2

Howe St. & Pender St.にあるビルの1150号室です。
 


お問い合わせ、お待ちしております。




スペクト&プライヤー法律事務所
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com
Web: www.spechtandpryer.com




にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

節約術!バンクーバー不動産売買の特ダネ情報!


こんにちは、Specht&Pryer法律事務所のロバート・プライヤーです。

今回はBC州での不動産売買についてのお話をしたいと思います。

バンクーバーの不動産はとても高い
世界一住みやすい街と呼ばれて久しいバンクーバーですが、住みやすい場所なだけあり、不動産価格も相応に高額となっております。
たとえば、バンクーバーのCambie Streetよりも西側の物件で100万ドル以下の家を探すのは大変困難になっています。不動産価格も安定傾向にあり、そういった誰もが憧れるような物件を手に入れるには、多くの資金を必要とします。

では、不動産仲介料等の経費を抑えるには?

不動産情報を得るには、MLS(Multiple Listing Service)というツールが多く使用され、85%もの不動産売買はMLSを通じたものとなっています。
これは日本にもある、宅建業者しか閲覧できない、不動産物件情報サイトのレインズと似たものと考えて大丈夫でしょう。

そして、MLSを利用できるのは不動産業者弁護士となっております。
日本でもそうであるように、一般的な顧客者には不動産物件情報を自力で見つけることが難しく、不動産業者あるいは、弁護士を仲介人として立てるのが、一般的となっています。

カナダの相続税とは?


こんにちは、Specht & Pryerのロバート・プライヤーです。
今回はカナダの相続税について話したいと思います。

多くのカナダに住む日本人の方々から、カナダの所得税の高さについての不満が聞かれます。しかし、忘れてはならないのはカナダには相続税が無いということです(ただし$50,000以上の遺産相続には1.4%の手数料が発生します)。

日本の相続税に目を向けると、相続税の課税価格の合計から基礎控除額の5000万円(と1000万円×法定相続人の数)を差し引いた資産に相続税が課税されます。このケースでは、場合によって所有していた土地を相続税のために丸々手放さなければならなくなることもあります。

こうした観点から、一生涯で支払う税額は、カナダのほうが日本よりも少なくなるでしょう。日本が多くの税を獲得したいのは、負債問題に因むものと考えられます。

富裕層の日本人にとって、資産を海外に移したり、あるいはその資産を海外の会社に投資することもことが有効な方法になるでしょう。この方法について、日本政府も無知なわけではなく、資産所有者が死んだ日からさかのぼって五年の間に海外に向けて動きのあったお金は課税対象になります。しかし、自分がいつ他界するかなど、誰がわかるのでしょうか?

上記のような日本からカナダへ資産を移動させることは、例えば、投資家移民企業家移民といった移民カテゴリーに該当させることも可能であり、カナダへの移住も可能にさせることにつながります。


カナダには相続税がない、皆さんご存知でしたか?相続税や投資家・企業家移民についてもっと詳しく知りたいという方はお気軽にご連絡ください。


<Written by Robert Pryer, Translated by Satoshi June 17 2011> 

[日本人翻訳スタッフ:太田・大口] 2013年3月現在

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com
Web: www.spechtandpryer.com





カナダでの離婚は時間がかかる?


こんにちは、読者の皆様。Specht & Pryer事務所のロバート・プライヤーです。
今回は離婚についてお話したいと思います。

私が日本人のお客様から受ける離婚についての質問は主に慰謝料についてです。BC州では慰謝料は存在しません。なぜかというと、離婚の際、その理由についてBC州は問わないからです。このシステムを"No Fault"離婚システムといいます。

No Fault”システムは、まず(その夫婦に子供が居る場合)子供にとって一番有益になる方法について、最も力を入れています。そして、財産、資産分与が行なわれます。子供の養育義務は必須であり、その費用は、当事者の収入から連邦政府によって定められた割合に基づいて、定められます。配偶者についての援助費用は多くの要素に基づいて定められます。

しかし、もし日本人が日本で結婚をして、カナダに来た後、両者が離婚について同意した場合、カナダの離婚システムに従う必要はありません。離婚届をダウンロードし、戸籍謄(抄)本を取り寄せ、フォームに必要事項を記入し、カナダにある領事館に届ければよいだけです。

悪徳コンサルタントにご用心!


こんにちは、Specht & Pryer事務所のロバート・プライヤーです。


さて今回は最近目にすることが多くなってきている法律問題についてお話したいと思います。それは「コンサルタント」や「エージェント」を名乗った悪質業者による、有料での職業斡旋です。これは非常に深刻な問題であり、Employment Standards Act of British Columbiaで定められた法律に違反しています。

通常これらの悪徳コンサルタントやエージェントはその費用を現金または海外に拠点を置く会社を介して支払いを求めます。それによってカナダ内での取引の証拠が残らない為です。先日私は、この有料での職業斡旋に対してなんと$3000から$13,000も支払ったという被害を耳にしました。これらのコンサルタントはあなたが斡旋された先の雇用主へ何割か報酬を分け、その雇用主は本来あなたのものであるお金を就労賃金として支払うわけです。


もしこれを読んでいるあなたがこの様な悪徳エージェントまたはコンサルタントの被害に遭っていると感じたらThe Employment Standards Branch of BCへ連絡する事をおすすめします。

カナダで交通事故に遭ったときは

こんにちは、Specht&Pryer法律事務所のロバート・プライヤーです。

今日はカナダで交通事故の被害に遭ったときの対処についてお話したいと思います。

《重要》
1、かならず相手の連絡先とナンバープレートをひかえる
2、その事故の目撃者を見つけ、連絡先を聞く(裁判になったときに有利になる)
3、弁護士など専門家の無料相談を利用して、今後の対策を考える

この3つの事項を行なえば、問題はないのですが
事故を起こした当事者が不誠実に嘘をついて
被害者が逆に不利になるような事例も多々存在します。

ICBCって何?

こんにちは、Specht&Pryer法律事務所のロバート・プライヤーです。
早速ですが、皆様からいただいた質問にお答えさせていただきます。

ICBCとは何ですか?

 ICBCはThe Insurance Corporation of British Columbiaの略称でBC政府が所持している自動車保険会社です。
 自動車所有者は必ずこのICBCに加入しなくてはなりません。多くの日本人の方々はICBCはBC州政府が運営する公の会社なのだから、市民に対してとても誠実で献身的だと思われているのではないでしょうか。

 しかしながら、実際はそうではありません。他の保険会社と同様に顧客の利益より、自社の利益を一番に考えるのがICBCです。自動車保有者が義務としてICBCに保険料を払うようになってから、ICBCはお金を回収する苦労がなくなりました。そして、ICBCは利益を増やすためにできるだけ少ないお金を保険所有者に渡すことを努力をし始めたのです。

それゆえに、ICBCの利益は「保険所有者に出来るだけ少ない補償を与えること」が第一義となったのです。