相続パート1 ~遺書~

こんにちは!スペクト&プライヤーのリーガルアシスタント兼翻訳のAyaです。
すっかり本格的に夏になってきましたね。毎日暑いですが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか?


前回までは結婚離婚のお話をしてきましたが、今回から、次回にわたって、相続についてのお話をしたいと思います。今回は遺書についてです。
死は誰にでも訪れるもの・・・しかし、いざ自分の番という時にはどう対応すればいいかわかりませんよね。以下では、遺書の残し方についてお話します。



Photo : Pexels Free Download

遺書は、あなたがこの世に残す最後の手紙になります。もし遺書を残さなければ、あなたの財産資産は、British Columbiaの法律により分割されてしまうので、あなたの家族を守るためにも、亡くなった後に自分の意思を残された人に伝えるためにも、とても大切な資料になります。遺書はいつでも書き換え可能で、死ぬまで有効にはなりません。子供やパートナー、そして資産を保持する大人なら誰でも遺書は書くべきですが、驚くことにBritish Columbiaでは残す人がそんなに多くありません。

ではどう遺書は残されるべきなのでしょうか?
16歳以上、または軍隊で働く者ならだれでも遺書は残せます。しかし、どんな遺書でも有効、というわけではなく、遺書を書くにあたって、従わなければならないいくつかのルールがあります。

1.遺書は書面にて残されなければならないが、手書きでもタイピングでもよい。
2.遺書の最後に遺書を残す本人のサインがなければならない。そのサインは、2人の証人のもと、本人がしなければならない。もし、障害や病気でサインが不可能な場合には、代理人がサインを本人と2人の証人の目の前でしなければならない。
3.2人の証人が本人の前でサインをしなければならない。本人と証人は、すべてのページにイニシャルを残さなければならない。
4.遺書には日付がなければならない。

たくさんのルールがあるんですね。上記のほかに、証人(立会人)の2人は19歳以上でなければならない、というルールがあります。

では遺書にはどのようなことを書けばいいのでしょうか?
1.まず最初に実行者(Executor)を任命しなければなりません。Executorは、遺書に書かれた任務を責任をもって実行する人のことです。例えば、遺産の分割が問題なく執り行われるように確認し見届けることもExecutorの任務に含まれます。
2.そして大切な遺産の分割です。誰がどれだけ財産を受け取るのかを明確に残さなければなりません。債務がある場合は、どう分債するのかなど、きちんと漏れなく記入する必要があります。
3.もし、未成年の子供がいる場合は、保護者は誰になるのか、任命しなければなりません。
4.そして、サインです。

遺書に含むべきでないものもあります。遺書はお葬式が終わってから読まれる場合が多いので、お葬式や埋葬に関するリクエストの記入は控えるべきかもしれません。そして遺産に関しては、アパートメントや銀行口座など、共有されたアセットは、自動的にもう片方の持ち主にいくので、特別な遺産分割はリクエストできません。

そして最後に、大切な遺書通知(Wills Notice)です。The Vital Statistics Agencyに遺書を書いた、という事実を通告しなければなりません。Agencyは遺書自体に目を通すことはありませんが、誰がいつどこで遺書を書いたか、という記録を残しておくためです。これは残された人が遺書を探し、遺言を遂行するのにとても大切です。名前、生年月日、遺書を残した日や場所などを記す必要があります。本人の代わりに弁護士などの代理人が通告することも可能です。費用は$17。

引用:https://www.cbabc.org/For-the-Public/Dial-A-Law/Scripts/Wills-and-Estates/176
https://www2.gov.bc.ca/gov/content/family-social-supports/seniors/financial-legal-matters/wills-and-estate-planning

いかがでしたか?British Columbia州では、遺産や相続についての相談や、遺書の手配など詳しい手続きなどは、弁護士と相談することが勧められています。遺書は法的文書とみなされ、有効とされることが大切になります。もし、遺書を残すことを考えている、等の方がいらっしゃいましたら、是非スペクト&プライヤーまでお問合せ、ご相談ください!日本語でも大丈夫です。

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com
Web: www.spechtandpryer.com


次回は「もし大切な人が亡くなったら?」というテーマで相続についてお話したいと思います。遺書がない!?相続税は?などの身近な疑問を一緒に紐解いていきましょう!

ではまた次回!Have a nice day!☆

Aya

  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。

結婚・離婚 in BC州 その4・養育・資産分与

こんにちは。スペクト&プライヤーのリーガルアシスタント兼翻訳のAyaです。
本日も引き続き、結婚・離婚 in BC州の第4回です!

先日はいろいろな種類の離婚のプロセスについて、簡単に説明しました。今日は養育義務、そして資産分与の話をします。

私たちが、お客様から受ける離婚についての質問は主に慰謝料についてです。BC州では慰謝料は存在しません。なぜかというと、離婚の際、その理由についてBC州は問わないからです。このシステムを”no fault”離婚システムといいます。
“No Fault”システムは、まず(その夫婦に子供が居る場合)子供にとって、一番有益になる方法について、最も力を入れています。そして、財産、資産分与が行なわれます。子供の養育義務は必須であり、その費用は、当事者の収入から連邦政府によって定められた割合に基づいて、定められます。配偶者についての援助費用は多くの要素に基づいて定められます。

しかし、もし日本人が日本で結婚をして、カナダに来た後、両者が離婚について同意した場合、カナダの離婚システムに従う必要はありません。離婚届をダウンロードし、戸籍謄(抄)本を取り寄せ、フォームに必要事項を記入し、カナダにある領事館に届ければよいだけです。


ではどのように養育義務、資産分与は定められるのでしょうか?


まず養育について紐解いていきましょう。離婚する夫婦に子供がいる場合、Best interest of the child が法律で定められていて、親、そして裁判官は子供にとって一番有益な決断をすることが必要です。
結婚して子供と一緒に住んでいる夫婦は、子供の保護者として認められていて、子供を養育する責任を共有しなければなりません。それは離婚しても変わらず、同意や裁判にて片方の親が保護者として認められない場合以外、離婚後も夫婦の両方が保護者としての責任を保持します。もし片方の親が子供と一緒に住んだことのない場合は保護者として認められません。
両方の同意や裁判所の判断により、親は保護者として外される場合もあります。その場合も子供とのContactは認められますが、保護者としての責任は持ちません。
ではもし、継父継母が子供の保護者になりたい場合はどうでしょう?その場合は、また裁判所にて任命されることが必要になります。

離婚後の養育の手配のアレンジメントは弁護士の元、2人の同意の上で決められます。週に何時間会うことができるのか、子供の日々の決断はどのようにするべきか、すべて話し合いで決めなければなりません。
金銭的にはどうでしょう?離婚後の養育費というものです。日本でもよく聞きますね。British Columbiaでは、両親は金銭的に子供を支えなければならないという義務があります。それは一緒に住んでいる、世話をしているしていないに関わらず、その義務は変わりません。このChild Supportは、子供は両親が同居している場合と同じように、両親に支えられるという権利に基づいて定められています。これこそBest interest of the childの例ですね。


では資産分与はいかがでしょうか?

家や車、貯金など、離婚する際にはたくさん考えないといけない、共有された資産がありますよね。資産分与はLegal marriage とCommon law、どちらの場合にも当てはまります。
資産には2種類あります。
家族資産(Family Property)と例外の資産(Excluded Property)です。Family Propertyは、夫婦がSeparationした時点で、共にまたは別々に有するものです。家、車、貯金や銀行口座、年金などが含まれます。Family Propertyは離婚後、どちらの名前の下であっても、平等に分けられなければなりません。一方で、Excluded Propertyは、片方が夫婦関係が始まる以前から所有していたものや、片方に送られた贈答品や相続資産などが含まれます。この場合は平等に分けられる必要がありません。しかし、ここで注意です。Excluded propertyであっても、結婚生活の間で、そのPropertyの価値や価格が上がった分は平等に分割される必要があります。

資産の他に考慮しなければないものは、債務です。債務には、家のローン、クレジットカード、税金などがあります。この債務の場合も、どちらの名前の下であれ、平等に責任が分担される必要があります。

引用:British ColumbiaのFamily Law のHP

いかがでしょうか?離婚に基づく養育義務、資産分与について、勉強しました。日本との違いも見つけられましたでしょうか?所変われば、ルールも変わるんですね。
結婚・離婚 in BC州は今回で一旦一区切りして、次回からは新しいテーマに移りたいと思います。楽しみにしておいてください!

ではまた次回☆
Have a good day!

Aya

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500




  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。
x

結婚・離婚 in BC州 その3・離婚について

こんにちは。スペクト&プライヤーのAyaです。
前回のブログの更新からしばらく経ってしまいましたが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?
前回に引き続き、結婚・離婚in BC州について紐解いていきたいと思います。

今回は離婚にまつわるお話です。驚くことに、British Columbiaでは年間何千ものカップルが離婚そして別居をする決断をしています。そのプロセスとはいったいどんなものなのか、見ていきましょう。
Photo: FreeDegitalPhoto.net


まず離婚には2つの種類があります。DivorceとSeparation です。
Divorceは法的な処理の必要なLegal marriageのための離婚で、BCの最高裁判所が決断を下すことが必要になります。
一方、Separationは、2人のlegalまたはmarriage-like relationshipカップル(Common law)が別居を決断した時に起こります。Legal marriageのDivorceへの第一歩とも考えられます。

Legal marriage、Common law、どちらの場合にしても、2人で共有された資産、債務、そして子供がある場合、Separation Agreementをサインしなければなりません。Separation Agreementとは、子育て、養育費、配偶者のサポート、資産、そして債務についての同意書です。Common Lawの場合で、資産や債務、そして子供がいなければ、特別な手続きは必要ありません。

Legal marriage を終わらせるためのたった一つの方法はDivorceであり、裁判所が認めなければなりません。では、どのような条件がDivorceには必要なのでしょうか?

・2人は過去1年別居している か
・片方が姦通、不倫をした か
・片方が身体的、精神的な暴力をもう片方にふるった

場合に離婚を申請できます。その上で、

・2人のうちの最低1人はBC州に12か月間住んでいる
・結婚生活がうまくいっていないことを証明できる
・裁判所が子供の援助についてのアレンジメントを決定した

ことを満たせていれば、裁判所が離婚を下すことができます。

日本と比べて時間がかかりますね。また、離婚を申請して、裁判所が認めてから、31日間で離婚は完了し、Certificate of Divorceが受理できます。再婚はそれ以降でなければ認められません。

その離婚の中でも2つ種類があります。
Contested(合意なし)とUncontested(合意あり)です。
Uncontestedは、2人が離婚をすること、そして子供や財産の分割に合意している場合です。この場合、弁護士の監視の上、2人が協力して、合意し、すべての手続きを完成できれば、裁判所に本人(たち)が直接裁判所に出向かう必要はありません。

Contestedの場合は、2人が財産や子供の子育て分割に合意していない時です。決して、2人のうちの片方が離婚について合意していない場合を指すわけではありません。どちらかが離婚について合意していなくてもその手続きを訴えられれば、離婚を申請することができます。安心ですね!Contestedの離婚はもう少し手続きが複雑になります。片方がNotice of Family Claim(F3)を記入してもう片方がそれに答弁する形で手続きが始まります。それ以降は弁護士のアシスタントにより、仲介・調停し、同意にたどり着く形になります。
それでも同意にたどり着かない場合は、裁判官が決断を下す、という流れです。

引用 British ColumbiaのHP


いかがでしょうか?本日は離婚にまつわるお話でした。
配偶者とのお別れについてのアレコレ…

次回もまた一緒に疑問を紐解いていきましょう!ではまた!

Have a nice day !☆


Aya

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors
スペクト&プライヤー法律事務所 
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.