ビザの種類

こんにちは!スペクト&プライヤーのAyaです。皆さんお久しぶりです。お元気ですか?

前回までは、eTAそしてパスポートのお話をしました。今回はビザについてお話します。

カナダへ来る理由は人それぞれ。ビザの種類について詳しく見ていきましょう。

[Free Stock Photos Pexels]


そもそもまず、日本人はカナダへ渡航するのにビザはいるのか?
もし滞在期間が6か月以内の観光目的であれば、ビザは不要です。しかしパスポートにリンクさせるeTAは、目的に関わらずカナダへ入国するために必要なので、必ず申請してください。eTAについてはこちらの前々回のブログを参照してください。
いざカナダへ!eTAって何?

この6か月以内の場合は、ビジター(訪問者)という形で滞在することになります。
カナダへ入国する際にいつまでカナダにステイするのかを尋ねられますので、ビザがない場合は6か月以内、の日付を入力してください。パスポートの有効期間がカナダの出国日からプラス1日以上ということを確認してください。そしてこの間に就労することはできませんのでご注意ください。


学生ビザ
学生ビザは6か月以上、カナダにて就学する人が必要になるビザです。基本的に6か月以内の就学予定の場合はビザなしでカナダに渡り、入国時に観光ビザを取得することで、就学することが可能です。しかし、基本的には短期間就学が可能な語学学校が主となります。大学やカレッジ、専門学校などの長期学習が必要な教育機関では就学できませんので気を付けてください。
6か月以上の就学の予定の場合は、必ず学生ビザを日本から申請しましょう。この学生ビザでは大学や、高校、カレッジ、専門学校など、半年以上の滞在を要する教育機関にも通えます。

また高校や大学でフルタイムの就学をしている者は最大20時間の就労が認められています。ただし、語学学校などで語学を勉強している場合は、たとえフルタイムの学生でも対象外ですので、気を付けてください。



ワーキングホリデー
ワーキングホリデーは、カナダで最長12か月間、休暇を楽しみながら、滞在資金を補うために一定の就労を認めるビザの種類です。
滞在中には、学校に半年以内であれば通えること、そして、アルバイトや社員として働くことが認められています。
カナダでたくさんの文化や言語を学ぶと同時に、休暇を満喫したい、というような方にはとっておきの理想的な制度ですね。
しかし、ワーキングホリデーは一切延長は許されておらず、規則として、一生に一度だけ18歳から30歳までの青年が参加できることになっています。申請書受理時点の年齢が18歳から30歳でないといけません。

簡単に申請はできますが、定員が限られていますので、ご注意ください!



ワーキングビザ
ワーキングビザは、就労を認めるタイプのビザです。就労ビザにはいくつかの種類があるので、次回のブログで詳しく種類別に述べていきたいと思いますので、しばらくお待ちください!


今回はこれにて。ビジター、学生ビザ、ワーキングホリデービザ、について、ご理解いただけましたでしょうか?次回のワーキングビザについて記事、楽しみに待っていてください!
ビザ申請についてのご質問やご依頼はいつでもお待ちしています!お疲れ様です。お問い合わせください。

では素敵な一日を!☆

Aya
Specht&Pryer


1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com
Web: www.spechtandpryer.com