結婚・離婚 in BC州 その2・結婚にまつわるエトセトラ

こんにちは、スペクト&プライヤー法律事務所の日本人パラリーガル兼通訳のIreneです。

今回は結婚の前後にわたり関わる2つのトピックを見ていきましょう。

<1>結婚と苗字
Legal Marriageをした場合、苗字はどうなるのでしょうか?
以下の選択肢があります。
  • 今回結婚した新たな配偶者の苗字
  • 以前の配偶者の苗字
  • 生まれた時のままの苗字
つまり、苗字を変えなくても問題ありません。
BC州のName Act(名前に関する法律)では、結婚後は法的に届け出なくても配偶者の苗字を名乗ることができるとしています。「配偶者の苗字を名乗りたければ名乗ってもいいよ?」っていう感じでしょうか。また、もしいったん配偶者の苗字にしたとしても、いつでも元の苗字に戻すことができます
夫婦別姓 云々という問題は、BC州では全く起きないんですね~。

余談ではありますが・・・。比較的簡単に好きな苗字に出来てしまうことは、時に法律事務員泣かせなのです。例えば、正式な法的な名前でクライアントのために登記をしたくても、どれが現在の正式なフルネームかがからない、という方が時々いるのです・・・。普段使っているフルネームと正式な名前が違うという方もとても多いです。カナダではミドルネームを持っている方も多いですしね。名前問題はかなり複雑 in Canada。必死で期日通りに登記をした後で不受理で戻ってくる、、、なんていうことも。自由が利くということは、同時にこんな不便さも手に入れるということかもしれません。


参考条文及びURL


<2>結婚と移民
結婚による移民を考えている人には、Legal MarriageとCommon Law Marriageでは少し違いがあります。
配偶者がカナダ人・もしくはカナダに永住権を持っている人の場合、Common Law Marriageでもファミリースポンサーシップという制度での移民が認められます。その際は、カップルは年間の同居が必要とされます。前回のブログで書きましたが、基本的には年間一緒に住むことでCommon Law Marriageが認められます。しかしながら、移民に関してはその要件は年間と半分に短縮されています。一方、Legal Marriageをしているカップルの場合は、Marriage Certificate(結婚証明書)があれば、基本的に移民はすぐに認められます。
したがって、結婚による移民をする場合、Legal MarriageとCommon Law Marriageのどちらが良いかは、個人の状況で違ってくるわけです

参考条文及びURL

本日は簡単ですが、ココまで。

次回からはついにSeparation、配偶者とのお別れに関するあんなコトやこんなコト・・・、を書いていきたいと思います。そのプロローグとして、次回はまずは映画「Sex and the City」を思い出していただきたいと思っています。2008年のヒット映画、見た方も多いのではないでしょうか?アメリカとカナダの結婚ってこんなに違うんだ!、っていうお話です。。。

ではまた☆


Irene


SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors
スペクト&プライヤー法律事務所 
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.


記事の内容は正確な情報を書けるように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。


結婚・離婚 in BC州 その1・結婚


こんにちは、スペクト&プライヤー法律事務所の日本人パラリーガル兼通訳のIreneです。

今回から数回にわたって、可能な限り、どこよりも詳しく!!を目指して、カナダ・British Columbia州での結婚・離婚について、ご説明していきたいと思います。以前のブログで「Spousal Support」について書きましたが、それも含め、もう一度じっくりお話します。ここでは、BC州で結婚する場合にカナダ人にも外国人にも適用される基本的なルールから、日本人の皆様が特に疑問を持たれる部分まで、重箱の隅をつつきまくっていきたいと思っております。
ただし、カナダは判例法の国です。以前とは違う判例が出たりすることで、あっという間に、ルールが変わり法律が変わります。最新の正確な情報はBC州のサイト、もしくはは弁護士にお尋ねください。

第一回は、「結婚」です。BC州での結婚とはなんなのか?そこから紐解いていきたいと思います。


BC州のFamily Law Act(家族法)第一条及び第三条では配偶者(Spouse) を以下のように定義しています。

配偶者 とは
 ・(法的に)結婚している相手
 ・結婚しているような関係(marriage-like relationship) 2年以上一緒に住んでいる相手
 ・結婚しているような関係(marriage-like relationship) 2人の間に子供がいる相手


つまり、BC州には大きく分けると2つの結婚があります。
法的な結婚 =「Legal Marriage(リーガルマリッジ)」と、日本でいう事実婚 = Marriage like relationship」、一般に「Common Law Marriage(コモンローマリッジ)」と呼ばれるものです。この違いはなんなのか、という疑問は多くの方がお持ちだと思います。ではまず最初に、どうやって法的な結婚(以下、Legal Marriage) と事実婚(以下、Common Law Marriage)ができるのかを見ていきます。

まずLegal Marriageですが、これは昔ながらのいわゆる「結婚」。2人の人間の間の契約であり、この2人は同性・異性を問いません。
必要なのは、主に以下の手続きです。

1.      結婚予定の3か月前にMarriage License (結婚許可証)を$100で買う
これなしにはLegal Marriageは始まりません。
2.      結婚式をする
式は必ずしなければなりません。
 式をやるかやらないかは、好みの問題ではないのです。

式は宗教的なものか無宗教のものか選択できます。宗教的なものの場合は公式な聖職者(=Vital Statistics Agency人口統計局に登録済の聖職者)によって執り行わなければいけません。無宗教の場合は、こちらも公式なMarriage Commissioner(結婚委員)によって執り行われなければいけません。また、Commissionerには1時間$78.75の基本給+延長料+交通費等を支払います。
式には2人の証人が必ず出席する。
式は必ず公の場で執り行う。
式後、カップル・2人の証人・式を執り行った聖職者はMarriage Licence(結婚許可証)と Registration of Marriage (結婚登記書)にサインをする。
3.      式後48時間以内に、式を執り行った聖職者がRegistration of Marriage (結婚登記書)をVital Statistics Agency(人口統計局)に提出。
4.      Marriage Certificate(結婚証明書)が約3週間後に届く。
※一方が未成年(BC州では19歳)以下の場合は、さらに他の手続きが必要になります。

これがBC州でのLegal Marriageの流れです。紙切れ一枚提出すればすぐ結婚できる日本人からすると、ずいぶん面倒臭いですよね・・・。妙にいろいろお金も取られます・・・。カナダ人同士でもこれだけ面倒なので、国際結婚となると、この手続きプラス日本の戸籍関係のこともやらなければいけません。ここではそちらは割愛します。

それに比べて、判例により確立されたCommon Law Marriageはいたってシンプル。現時点では、基本的には2人の人間(こちらも性別は問いません)が2年以上一緒に住むことで認められます。これだけです。日本の戸籍をいじる必要もありません。なんだか拍子抜けする簡単さです。

ここでポイントとなるのは、Legal MarriageCommon Law Marriageは、どちらも結婚後の法的権利関係においてはほぼ違いがなくなっている、というか、同じなのがBC州の現状だということです。つまり、カップルが享受できる法的な恩恵はすべて両方に認められますし、離婚のときのお金の問題や、子供がいる場合の養育権等も、Legal MarriageCommon Law Marriageではほぼ同じです。

ここまでで、だいたいBC州での基本的な結婚の説明は終わりとなります。
手続きは違うけれど、法的権利は同じな2つの結婚。とはいえ、やはり細かな違いもあります。
ということで、次回からはその「違い」に注目して、結婚後の苗字・移民との関係・離婚・お金の問題 等々を順番に見ていきたいと思います。


ではまた☆

Irene

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。






ダメ。ゼッタイ。マリファナ事情 in Canada


こんにちは、スペクト&プライヤー法律事務所の日本人パラリーガル兼通訳のIreneです。

日本では絶対ダメ!なマリファナ。
しかしカナダでは合法じゃないの?
みんな吸ってるし、ちょっとはいいじゃない?
だってココは日本じゃないもん。
なんて思っているそこのあなた!!
ダメ。ゼッタイ。です。

でも、いきなり頭ごなしにダメと言われても
説得力に欠ける・・・、というもの。
そこで、今回は「なぜ ダメなのか?」という理由を
法律的な側面から解説したいと思います。
もちろん、健康に及ぼす害 等々もあるかと思いますが、
そちらは門外漢ですので、ご容赦ください。。

さて、まずは日本の法律を見てみましょう。
カナダでマリファナを吸うのに、なぜ日本の法律??
と思われる方もいるかもしれません。
勘違いしている方も多いのですが・・・。
もしあなたが日本国籍ならば、
従うのは日本の法律なのです!!

ここで見ていただきたいのは、以下の3つの条文です。

<大麻取締法>
24条の8
24条、第24条の2、第24条の4、第24条の6及び前条の罪は、刑法第2条の例に従う。

24条の2
大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、5年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、7年以下の懲役に処し、又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金に処する
3 前2項の未遂罪は、罰する。

<刑法>
第2条
この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。

お分かりいただけたでしょうか?
簡単に言えば、
日本人(=ここでは日本国籍を所有する人、という意味)
たとえその国では合法であったとしても
マリファナ(=大麻)は所持だけでも犯罪です!!
つまり、あなたが日本人ならば、
海外だろうと国内だろうと
アムステルダムだろうとバンクーバーだろうと、
大麻を所持したり譲渡したりするのは、
違法刑罰の対象になるんです!!
もちろん、これらは他の薬物・危険ドラッグに関しても同様です。

次に、現在のマリファナに関するカナダの法律を見てみましょう。
まず初めに、
合法とされているのは医療用目的のマリファナのみです。
これはカナダ全土で同様です。
つまり、医療用のマリファナの使用はカナダ中どこでも違法です。
そして、たとえ医療用でもマリファナを販売することができるのは
Health Canada(カナダ保健省)からライセンスの発行を受けた、
正式な売り手のみです。
それ以外は、すべて違法であり、
そこで売られるマリファナに
安全性(栽培方法、衛生問題、治験等)の保証はありません。
また、カナダでは
2017年春にはマリファナに関する大幅な法改正
が行われる予定です。
ここでは、医療目的のマリファナの合法化
が進むことになっていますが、これは決して
マリファナの使用拡大を意図したものではありません
カナダ政府が公約しているのは以下の点です。

  • 法律化・明文化することにより、マリファナへのアクセスをより厳しく管理・制限する
  • 若年層のマリファナ使用を防ぐ(簡単に入手できないようにする)
  • 違法な薬物ディーラーを取り締まる
  • 非医療目的のマリファナ使用を厳しく取り締まる
  • 公共の安全と健康を守る (薬物使用後の車の運転取締り強化 等)

つまり法改正後も、
依然として医療目的以外のマリファナ使用は違法です。
そして、今後より厳しくマリファナは取締りの対象となる予定です。

要約すると、結局、ダメ。ゼッタイ。なんです。

ただし・・・・・・・、
人間は間違いを犯すものです・・・。
もし薬物を使用して逮捕されてしまったら、、、
スペクト&プライヤー法律事務所Tel:604-681-2500)
までご連絡ください。
刑事弁護もやっています。相談は日本語でOkです。

でも、ダメ。ゼッタイ。ですよ!!


  今回の記事はカナダ政府及びHealth CanadaHPを参考にしています。
より詳しい情報は、以下をご参照ください。
※日本の法律リンク  刑法  大麻取締法


ではまた☆

Irene


1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Web: www.spechtandpryer.com 



  • 記事の内容は正確な情報を書けるように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村