BC州の免許を取得

皆さんこんにちはスペクト&プライヤーtomokoのです。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

One of many long, straight, black roads in California's Death Valley. Original image from Carol M. Highsmith’s...
(free download from rawpixel)

日本の免許証を持っていてBC州に半年以上滞在する予定の人はBC州の運転免許証に切り替えることを政府はお勧めしているのですがその際の手続きや必要書類などわからないことが多々あるかと思います。
今回は簡単にどのような書類が必要なのかそしてどのようなBC州の免許を取得できるのかなど簡単にご説明したいと思います。

切り替え時に必要な書類として
  1. 日本の運転免許証(切り替え時に没収されてしまいますので、事前にコピーを取っておくことをお勧めします)
  2. 日本の免許証の翻訳照明書
  3. 2つの身分証明賞(パスポート、6か月以上有効のビザなど)
  4. 手数料31ドル(2年間有効の運転免許証が受け取れます)
  5. Official Driving RecordかLetter of Experience(任意)


の5点を持参のうえICBCに出向いてください。
切り替え後に取得できるBC州の免許の種類ですがこちらは日本での運転経歴次第でカナダの運転免許証のクラスが変わってきます。

  1. 日本での運転経歴が2年以下の場合ークラス7か8というクラスの免許証を取得するとこができます(日本でいう初心者クラスに該当します)
  2. 日本での運転経験が2年以上ある場合ークラス5に該当します。

日本での2年以上の運転経験を証明するためには翻訳された日本の免許証と念のため、Official drivers Recordを各自治体か運転学校にて発行してもらい持参ください。(日本の免許書のみでも可能な場合もありますが、2年以内に免許が発行されている場合、運転経歴を2年以上を証明することが難しい場合があります。そのためカナダ政府はofficial drivers record または leter of experience を一緒に持参する事を推奨しています。)


また、日本の免許からカナダの免許に切り替える場合は日本の免許を没収されてしまうので切り替え前に日本の免許証のコピーを取っておくことをお勧めします。
(日本に帰国後に免許再取得できます) 


切り替え時には2つのIDと日本の免許証(翻訳されたもの)、手数料、そして2年以上の運転経験を証明するもの(任意)をお持ちください。

詳しくはこちらをご参照ください。

今日はBC州の免許への切り替え方法をご案内いたしました。
なにかご不明な点などございましたらお気軽にお電話ください☆

ではまた

tomoko 


SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

エクスプレスエントリーについて

みなさんこんんちはスペクト&プライヤーのtomokoです。

今日はカナダに移民する方法の中で比較的新しくスピーディーに申請できる方法として知られているエクスプレスエントリーについてご案内したいと思います。

hotel, bed, hostel, asia, backpack, backpacker, bag, bangkok, closeup, holding, immigration, man, passport, people, reading...
(free download from rawpixel)

こちらの方法で申請すると比較的に早く、そして簡単に申請することができます。
ただ、その分ほかの申請方法と異なり、何点か職業的な規定がありそれを満たしている方のみこちらの申請方法を利用することができます。
この申請方法を利用するためには

  • マネジメント関係の仕事をしている方 (skill type 0)
  • プロフェッショナルと認められる仕事をしている方 (skill level A)
  • テクニカル的な仕事をされている方 (skill level B)

この内容に関してですが、
スキルタイプ0;レストランのマネージャーなどとして働いている方
スキルレベルA;医者、建築家、または歯科など大学での勉学が伴う仕事
スキルレベルB;シェフ、配管士、または電気技術士などの技術者

が該当します。
これらの職に一年以上つき、今後も継続して終了時期などなくこの職種から仕事のオファーをもらっていることがまず仕事面での要項となっております。

語学面での判断基準としてカナダ政府が用意している英語またはフランス語のテストを受講し、スコアを得ることが必要です。

こちらのふたつが政府が規定している語学力検定のためのテストです。
二年間このスコアは有効になっているので、二年以内にエクスプレスエントリーに申請する必要がありますのでお気を付けください。

そして最終要項として満たしていないといけないものとして教育レベルの審査です。
カナダ国内で高校、または大学へ修学した方はその証明書の提示、カナダ国外で教育を終えられたかたはそちらの証明書の提示が求められています。

この3つが最低でも満たしていなければいけない条件でこれらを満たしてすべてほかの要項審査に入ることができます。
その他の要項として審査基準になるのが
  • 年齢
  • 職歴
  • 教育レベル
  • 現職の確認
  • 語学力
  • カナダへ移民した場合の適応性
などが審査の内容に入りそこでポイント制で審査され、ポイント順に政府からpermanent residenceに申請する招待状が届きます。
それをもってPRに申請という流れになります。

今日はカナダへの移民方法の一つとしてエクスプレスエントリーについてご紹介させていただきました。
何か移民のことでご質問などございましたらお気軽にご連絡ください!弊社では各クライアント様に合わせた移民プランをご案内させていただきます。

tomoko 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

結婚のあれこれ

皆さんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。
本日はカナダでの結婚のあれこれについてご案内させていただきたいと思います。

Man proposing to his girlfriend
(free download from rawpixel)

カナダでの結婚にも二つのカテゴリーがあり一つは法的に政府の認証を得た上での結婚(Legal Marriage)と(Marriage like relationship)、事実婚(コモンロー)といって政府への申請なしに2年間同棲することによって結ぶことのできるコモンローという二つの種類があります。

この2つ、結婚したのちの違いはほぼないのですが大きな違いとしては離婚する際に生じてくる法的手続きくらいなんです。。

もしこのLegal Marriageをされる場合は

1.      結婚予定の3か月前にMarriage License (結婚許可証)を$100で買う
これなしにはLegal Marriageは始まりません。
2.      結婚式をする
式は必ずしなければなりません。
式をやるかやらないかは、好みの問題ではないのです。

式は宗教的なものか無宗教のものか選択できます。宗教的なものの場合は公式な聖職者(=Vital Statistics Agency人口統計局に登録済の聖職者)によって執り行わなければいけません。無宗教の場合は、こちらも公式なMarriage Commissioner(結婚委員)によって執り行われなければいけません。また、Commissionerには1時間$78.75の基本給+延長料+交通費等を支払います。
式には2人の証人が必ず出席する。
式は必ず公の場で執り行う。
式後、カップル・2人の証人・式を執り行った聖職者はMarriage Licence(結婚許可証)と Registration of Marriage (結婚登記書)にサインをする。
3.      式後48時間以内に、式を執り行った聖職者がRegistration of Marriage (結婚登記書)をVital Statistics Agency(人口統計局)に提出。
4.      Marriage Certificate(結婚証明書)が約3週間後に届く。
※一方が未成年(BC州では19歳)以下の場合は、さらに他の手続きが必要になります。

これがBC州でのLegal Marriageの流れです。紙切れ一枚提出すればすぐ結婚できる日本人からすると、ずいぶん面倒臭いですよね・・・。妙にいろいろお金も取られます・・・。カナダ人同士でもこれだけ面倒なので、国際結婚となると、この手続きプラス日本の戸籍関係のこともやらなければいけません。ここではそちらは割愛します。

かなりたくさんの手続きが必要になってくるLegal Marriageと反対にコモンローの場合はカップルが(性別問わず)2年間同居しているとコモンローが認められます。
この場合は結婚式や政府への届け出、国際結婚の場合日本の戸籍などの手配もする必要はありません、

もしもこのコモンローを使ってPR申請する場合は最低12か月同棲している証明(同じ物件を賃貸していること、共同の銀行のアカウントや同じ住所に住んでいることの証明、免許証や保険証など)をもって片方がカナダ国籍をお持ちの場合はもう片方のパートナーをスポンサーするという形でPR申請をすることができます。

今回はここまでで失礼いたします。
ではまた明日☆

tomoko 




SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

離婚時の確認事項について

みなさんこんにちは、スペクト&プライヤーのtomokoです。
本日も私共のブログを読んで下さりありがとうございます。
ここ数日間に渡って離婚についてご案内させていただいているのですが、離婚のときにまず一番大事な決め手となるのが法的に結婚されているか、事実婚かということです。
ということで、まず離婚のステップを少しでもわかりやすくするために今日は離婚時に確認しておくべき事項や種類などについてご案内したいと思います。

Couple breaking up the relationship
(free download from rawpixel)

まず離婚の手続きやステップを考える前に確認したいこととして法的に結婚されたのか、(legal marriage)事実婚という形で結婚生活を送っていたのか(common-law marriage)の二つがあります。

まずは事実婚の場合から紐解いていきたいと思います。

事実婚(common law)にて結婚生活を送っており離婚することを決断された場合、こちらはとても簡単で双方が離婚に納得した場合これで離婚は完了になります。
離婚のプロセスに政府が関与してくることはなく一転気を付けたい点として、ご子息やご息女がいらっしゃる場合、資産分与などがかかわってくる場合、口約束で終わらせるのではなく法的に養育費はいくらになるのか、資産分与はどうするのかなど弁護士を通して書面で双方合意する事をお勧めされています。
というのも口約束で済ませてしまった場合もし将来問題が起きた場合解決方法が限られてきてしまうからです。
その後のトラブルを避けるためにも、離婚時の同意書などは書面で持っておくことが重要です。


結婚(legal marriage)の場合

こちらの場合だと事実婚の場合とは異なり、様々なステップそして条件を満たしていることが必須になってきます。

カナダで法的に離婚する場合は様々な条件があり代表的にあげられるものとしては
  1. 別居して一年以上経過していること
  2. 片方が身体的または心的に暴力をふるった
  3. 片方が姦通、不倫をした
などの事項があげられます。
これらの内容に該当する場合はこれをもって離婚申請を正式に執り行っていくことになります。

その後に裁判所から離婚を下すことになるのですがその際にも様々な条件があり

  • 子供がいる場合はその件に関してどうするのか、裁判所が子供の援助についてアレンジを決定していること
  • 2人のうち片方が12か月以上BC州に住んでいること
  • 2人の結婚生活がうまくいっていないことを証明できていること
などの条件を満たす必要があります。

これをもって正式に離婚が合意することになるのですが、その離婚の中でも2つ種類があります。


Contested(合意なし)とUncontested(合意あり)です。
Uncontestedは、2人が離婚をすること、そして子供や財産の分割に合意している場合です。この場合、弁護士の監視の上、2人が協力して、合意し、すべての手続きを完成できれば、裁判所に本人(たち)が直接裁判所に出向かう必要はありません。

Contestedの場合は、2人が財産や子供の子育て分割に合意していない時です。決して、2人のうちの片方が離婚について合意していない場合を指すわけではありません。どちらかが離婚について合意していなくてもその手続きを訴えられれば、離婚を申請することができます。安心ですね!Contestedの離婚はもう少し手続きが複雑になります。片方がNotice of Family Claim(F3)を記入してもう片方がそれに答弁する形で手続きが始まります。それ以降は弁護士のアシスタントにより、仲介・調停し、同意にたどり着く形になります。
それでも同意にたどり着かない場合は、裁判官が決断を下す、という流れです。

引用 British ColumbiaのHP

どちらの場合でも可能な協議離婚というものもあり、そちらはまた明日簡単にご案内させていただきたいと思います。

出来る限り簡単にご案内させていただけるように務めさせていただいたのですが離婚はカップルによって様々異なってくるかと思います。

もしなにかご相談などありましたら、弊社では離婚の案件も多く受け持っており、日本人の経験豊富なスタッフもおります。
お気軽にご相談くださいね☆

では素敵な一日をお過ごしください


tomoko 




SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

エクスプレスエントリーについて

皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。

よい週末をお過ごしになられましたでしょうか。本日からお仕事や学校などはじまった方も多くいらっしゃるかと思いますが、また一週間頑張っていきましょう!


本日の記事では、移民に関する記事を書かせていただきます。移民の方法にはいくつかございますが、この記事では、エクスプレスエントリーについて紹介いたします。


(free download from pexels)



<エクスプレスエントリーとは>
スキルや職務経験をもった方を対象にしています。比較的多くの方にチャンスがあり、カテゴリーは以下の3つに分かれています。

  1. Federal Skilled Worker Program(連邦スキルドワーカー)
  2. Federal Skilled Trades Program(連邦スキルドトレード)
  3. Canadian Experience Class(カナディアンエクスペリエンスクラス)

エクスプレスエントリーでは、それぞれのカテゴリーでいくつかの職種が定められており、該当職種での職務経験を満たす必要があります。その他、語学力の基準を満たす必要もあります。

該当職種はNOC(National Occupational Classification)に基づいて決められますが、以下の通りです。

1. Federal Skilled Worker→マネジメント職(会社のマネージャーなど)、プロフェッショナル職(医者、弁護士など)、テクニカル職(経営アシスタント、シェフなど)
2. Federal Skilled Trades→


Major Group 72, industrial, electrical and construction trades
Major Group 73, maintenance and equipment operation trades
Major Group 82, supervisors and technical jobs in natural resources, agriculture and related production
Major Group 92, processing, manufacturing and utilities supervisors and central control operators
Minor Group 632, chefs and cooks
Minor Group 633, butchers and bakers
*NOC (National Occupational Classification)に基づく


3. Canadian Experience Class→1と同様


具体的な申請条件などはカテゴリーにより異なるので、詳しくはこちらをご覧ください。


本日は、移民方法のひとつであるエクスプレスエントリーに関してご案内いたしました。少しでも皆さんのためになったら光栄です。では、Have a great day!


Tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。