ワークパーミットの件について

皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのtomokoです。

今日はワークパーミットの件についてお話したいとおもいます。



(free download from pexels)


ワークパーミットはその名の通り、「就労許可」です。カナダで働くためには、他にも「ワーキングホリデー」や「ポストグラデュエーションワークパーミット」などの手段がありますが、ワークパーミットの取得はこれらとはやや異なります。


例えばワーキングホリデーなどでは、条件を満たせば、自ら申請することができます。しかしワークパーミットの場合は雇用主の協力が必要です。


申請手順としては、

  1. 雇用主がESDC(カナダ労働省)に対してLMIA(Labour Market Impact Assesment)の申請を行う(申請費:$1000)
  2. ESDCが雇用の正当性を審査する
  3. 審査に通過した場合は、ポジティブLMIA(※)と必要書類をそろえて移民局にワークパーミットの申請を行う
※審査に通過した場合のみ、ポジティブLMIAを受け取りワークパーミットの申請ができます。


この形態では、雇用主のサポートが必要なため雇用主は決まっている必要があります。その点、オープンワークパーミットであるワーキングホリデーやポストグラデュエーションと異なります。


本日は、ワークパーミットについてご案内いたしました。ワークパーミットの取得ができたら、永住権取得に向けて大きな一歩が踏み出せますね!


では、本日はこのへんで。Have a great day!

tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

プリナップについて

皆さんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。

本日はプリナップと呼ばれる、"Prenuptial Agreement"と呼ばれるものについて説明します。まずPrenuptial Agreementとは何かと言いますと、「婚前契約」のことです。カナダで結婚を考えるにあたり、このプリナップの存在は知っておくべきでしょう。


(free download from pexels)


プリナップの目的は、別居や離婚をした際のために財産、借金、配偶者・子供のサポートなどに関する事項を決めておき、その時に問題が生じるのを回避することです。もちろんそのような状況にならないに越したことはありませんが。。


日本との大きな違いとして、カナダには慰謝料というものがありません。例えばもし片方の不倫が原因で離婚にいたったとしても、不貞行為で慰謝料を請求されるということはなく、経済状況などを考慮されたうえで財産分与などがなされます。


財産だけではなく他のことに関しても、もしもの時にフェアな状況をつくるために、事前にプリナップを作成しておくことで自分の身を守ることができます。またプリナップを作成する際は、パートナーの方とよく話し合いお互いに十分に納得のいく条件で合意しましょうね。


本日はプリナップこと"Prenuptial Agreement"を紹介いたしました。少しでも皆さんのためになれば光栄です。
では皆さん、よい一日を!

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118
Email: staff@spechtandpryer.com | Web: www.spechtandpryer.com

  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。


アメリカ旅行の際に

みなさんご無沙汰しております。スペクト&プライヤーのtomokoです。
私事ではありますがしばらくの間ブログをkyoheiくんに任せて自分の趣味でもありパッションでもあるダンスの修行としてアメリカに行っておりました!

そこで少しカナダからアメリカに行く際に知っておくと便利なことなど何点か気が付いた点があったのでこちらをご紹介させていただきたいと思います。

Human Hands and Us Flag
(free download from pexels)

まず初めに知っておかなければならないこととしてアメリカに入国する際にオンラインで簡単に取得することができるのですがビザの取得が必要になっております。
カナダに旅行で入国する際にもこのようなビザが必要なので以前取得したことのある方はなじみがあるかもしれませんがこちらはいたって簡単に申請することができ英語では不安な方のために日本語を選択することもできるのでこちらの取得を忘れることなくあらかじめ行ってください。

こちらは申請し、アプリケーションが承認されたらご自身のパスポートに自動的にリンクされるので書類などを持っておかなければいけないということは基本的にはないのですが、万が一何かのためにアプリケーションが承認されたと示されているものをスクリーンショットまたは承認メールなどをコピーしておくと何かの時に安心ですね。

そのほかとしてカナダでカナダでフルの免許証をお持ちの方はそれとパスポートなどの身分証明書を携帯することによってアメリカで運転することができます。

ただ州によって異なったりすることがあるので事前の確認をオススメします。

今日はアメリカに旅行される際におくと便利なことなどをご紹介させていただきました。
今後もカナダの法律のみならず知っておくと便利な情報など発見し次第ご紹介させていただきたいと思います!

では今日はここまで。

tomoko 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

スペクト&プライヤー法律事務所について


皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのKyoheiです。

本日は皆さんに、我々スペクト&プライヤーについて紹介いたします。今までしっかりとした紹介ブログというものは、私は書いたことがなかったので、これを機に皆さんに知っていただくきっかけになればと思います。


(写真:弁護士 ロバート・プライヤー)


<スペクト&プライヤーとは>
バンクーバーのダウンタウンに位置する法律事務所です。弁護士はロバート・プライヤーのみで、他はアシスタントがサポートさせていただいております。アシスタントは全員バイリンガルで、中国語・日本語・韓国語に対応しております(少し前までスパニッシュスピーカーも在籍しておりました)。


<専門分野>
主な専門分野は「交通事故」「離婚等の家族問題」「会社設立」「遺言・遺産」「免許停止、交通違反チケット等の自動車関連」「暴行」などです。その他にもご協力できるケースなどがあるかもしれませんので、お気軽にお問合せくださいね。


<我々の魅力>
カナダに長く滞在しており英語が堪能な方でも、法律に関するお問い合わせは日本語が好ましいと感じられる方もいらっしゃるかと思います。スペクト&プライヤーでは、日本人スタッフが通訳対応いたしますので、ミスコミュニケーションは限りなくゼロに近いと言えましょう。

また、弁護士のロバートは、お客様と身近な存在であり続けることを心がけています。過去に日本に4年間滞在したことをきっかけに、日本人の方と多く関わりを持ち「カナダにおける日本人社会がよりよくなるための架け橋」として、日々奮闘しています。とてもフレンドリーな人柄なので、オフィスにお越しの方は緊張されずにいらしてくださいね!


ウェブサイトはこちら。

お問合せ
Eメール:staff@spechtandpryer.com
Tel: 604-681-2500

では、本日はこのへんで失礼いたします。

Kyohei
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118


  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

Walk in Clinicについて

皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのKyoheiです。


皆さん、体調を崩さずお元気でお過ごしでしょうか。日本だと風邪や体調不良の際には、基本的にどの病院でも行くことができますが、カナダの場合「ファミリードクター」と「Walk in Clinic」のふたつに分かれており、ファミリードクターを持たない方はこのWalk in Clinicという形で病院に行くことになります。今回はこのWalk in Clinicに関してご案内いたします。


(free download from pexels)


ファミリードクターを持たない方は、まず症状にかかわらず初めにWalk in Clinicに行きます。そこで、さらなる検査が必要と判断された場合は別の病院を紹介され、その後に紹介を受けた病院に行くという形になります。


MSPに加入している場合は、基本的に無料で診察を受けることができます。また、Walk in Clinicはバンクーバーに比較的多くあるので、すぐ見つけることができます。(MSPに関してはこちらの記事をご覧ください)


中には事前に携帯のアプリから予約することもできるので、待つことなく診察をしてもらうことができます。

診察費用はMSPでカバーされますが、処方された薬を受け取りにいく際には別途費用がかかります。この費用は働いてる方、また学校の保険に加入している方などはカバーされることがございますのでそちらは各保険会社にご確認ください。


本日はWalk in Clinicに関して紹介させていただきました。
少しでも皆さんのためになれば光栄です。では、Have a good day!

Kyohei

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118


  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

BC州で会社設立!


皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのKyoheiです。

本日もブログを読んでくださりありがとうございます。
今回の記事では、ブリティッシュコロンビア州での会社設立に関するご案内をいたします。


(free download from pexels)


ファーストステップとしましては、名前の登録が必要です。会社設立のためには、まずBC政府から会社名の承認を受ける必要がございます。会社名が、既に存在する他の会社と酷似していたりする場合など、却下される場合もありますので、まずはそれが第一です。


会社名の承認を受けたあとは、書類の準備をします。必要になる書類は、会社設立の同意契約書や会社のルールなどが明記された書類等です。



書類の準備が整ったあとは、オンラインで会社設立のための手続きをします。

以上が会社設立の大まかなステップとなります。それほど複雑なものではありませんが、書類の作成や会社設立の形態等の点でリーガルアドバイスを求めている方もいらっしゃるとおもいます。



我々スペクト&プライヤーは会社設立に関しても専門としておりますので、お気軽にご相談くださいね。


お問い合わせはお電話(604-681-2500)もしくはstaff@spechtandpryer.comまでEメールをお願いいたします。日本語での相談も可能です。


では、本日はこのあたりで失礼いたします。Have a wonderful day!


Kyohei
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

8月に入りました&バンクーバーのイベント情報


皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのKyoheiです。

あっという間に8月に入りましたが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?
本日の記事では、バンクーバーの8月のイベントをいくつか紹介いたします!


(free download from pexels)
(こちらの写真は当記事とは関係ありません)

<8/3>
Honda celebration of light

こちらは花火大会です。7/27, 7/30, 8/3で開催される、3ヵ国対抗の花火大会です。毎年テーマの国が変わりますが、2019年はインド(7/27)、カナダ(7/31)、クロアチア(8/3)のラインナップになっております。日本は今年は出場しませんが、日本企業であるHondaが主催なのは日本人としてうれしいですね。私も7/31の水曜日にカナダの花火を見に行ってきましたが、想像以上に迫力があって、非常に良かったです。

<8/4>
Vancouver Pride Parade and Festival

これはLGBTQ+をお祝いするフェスティバルです。個人的にこれはカナダのよい文化が感じられる素敵なフェスティバルだと思っています。

<8/9>
KitsFest

KitsFestは、キツラノビーチで開催れるスポーツイベントです

<8/17>
SeaWheeze Half Marathon & Sunset Festival

こちらはハーフマラソンのイベントです。ヨガのブランドとしてカナダで有名なlululemonがスポンサーになっていますね。


皆さんも暑さに負けず、バンクーバーの夏を思いきり楽しんでくださいね!
では、Have a great day!


Kyohei
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。