協議離婚について

  皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのtomokoです。


本日もブログを読んでくださりありがとうございます。ここ最近天気がよい日が続いていますが皆さん元気にお過ごしでしょうか。
本日は、協議離婚についてご案内いたします。


(free download from pexels)



協議離婚の特徴は、双方が弁護士を持ち、お互いに納得した上で離婚にいたる点です。双方が納得できるように進めるため、精神的苦痛も比較的少ないのが利点です。

一般的に皆さんがイメージされる離婚と異なる点としては
  • 裁判所に行くことなく双方の弁護士が合意書にサインしたうえで離婚を進める点
  • 資産情報などを含め、双方が情報をシェアすることに合意していること
  • 資産、子孫、その他の問題を双方の当事者と弁護士を含めチームワークとして進めていくこと
  • ご自身と配偶者の方、双方の弁護士の4人で話し合いを行うこと

などが挙げられます。

ポイントとしましては、離婚に際してお互いを尊重したうえで話し合いを進めていくことが重要となります。

こちらの協議離婚に関する相談も弊社はお受けしておりますので、お気軽にお電話(604-681-2500)またはEメール(staff@spechtandpryer.com)にて連絡くださいね。


では、本日はこのへんで失礼いたします。


tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

会社設立に関するご案内

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのtomokoです。


本日もブログを読んでくださりありがとうございます。
今回の記事では、ブリティッシュコロンビア州での会社設立に関するご案内をいたします。


(free download from pexels)


ファーストステップとしましては、名前の登録が必要です。会社設立のためには、まずBC政府から会社名の承認を受ける必要がございます。会社名が、既に存在する他の会社と酷似していたりする場合など、却下される場合もありますので、まずはそれが第一です。


会社名の承認を受けたあとは、書類の準備をします。必要になる書類は、会社設立の同意契約書や会社のルールなどが明記された書類等です。



書類の準備が整ったあとは、オンラインで会社設立のための手続きをします。

以上が会社設立の大まかなステップとなります。それほど複雑なものではありませんが、書類の作成や会社設立の形態等の点でリーガルアドバイスを求めている方もいらっしゃるとおもいます。



我々スペクト&プライヤーは会社設立に関しても専門としておりますので、お気軽にご相談くださいね。


お問い合わせはお電話(604-681-2500)もしくはstaff@spechtandpryer.comまでEメールをお願いいたします。日本語での相談も可能です。


では、本日はこのあたりで失礼いたします。Have a wonderful day!


tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

コロナ禍でのオンライン売買に関して

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。


突然ですが皆さん、Craigslistはご利用なさいますでしょうか?
Craigslistは北米で長い間親しまれているウェブサイトで「賃貸探し」「中古品の売買」「仕事探し」など様々な用途に使われています。


非常に便利なCraiglistですが、正しく使わないと詐欺にあわれてしまう可能性もございます。
特に現在コロナということでオンラインでのやりとりを通して軽犯罪なども起こりかねない状況になっているかと思います。

本日の記事では、皆さんが詐欺にあわないための注意喚起として、Craigslistを利用する上で気をつけるべき点について紹介いたします。


(free download from pixecel)


1.  偽物のチケット・無効チケットに注意!
有名アーティストがコンサートにくることも多いバンクーバーですが、Craigslistでのチケット購入にはお気をつけください。偽物や無効のチケットが販売されていることがあります。

2. オンラインプラットフォームでの金銭のやり取りに注意!
投稿者が近くにいない場合は注意Craigslistでは「ローカルでの取引」が基本です。実際に接触せずにオンラインプラットフォームでの金銭のやり取りを要求してきた場合は、99%詐欺であるといえるでしょう。

3. 偽物のCraigslistに注意!
一見本物のように見えてもウェブサイト自体が偽物だったというケースもあるみたいです。確認しましょう。

4. 魅力的すぎる賃貸広告には注意!
偽の写真を利用して存在しない家の広告が掲載されていることもあります。条件が"良すぎる"場合はお気をつけください。また、家を決める際にはその前に必ず一度訪れるようにしてくださいね。家を見るためのアプリケーションの記入を求めてくる場合があり、これは詐欺でない場合も求められることはあるのですがオーナーが海外にいる場合SINナンバーの記入などがあった場合は99パーセント詐欺のことが多いのでこちらもお気を付けください。

オンライン上での取引となると何かと不安なことが多いかと思うのですがもしもなにか不振に感じた場合は後から問題になるよりも事前に取引を止め、第三者の意見を聞くということも大事なのかなと思います。

本日の記事では、Craigslistを利用する上での注意点を4つ紹介させていただきました。次回の記事でも、いくつか紹介いたしますのでよろしければそちらもチェックしてください。

ではまた!

Tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118
Email: staff@spechtandpryer.com | Web: www.spechtandpryer.com


  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい

おもしろい法律

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。



当然ですが、皆さんにとって「法律」とはどのようなイメージでしょうか?日本でもカナダでも、生活をする上で、法律はなくてはならないものです。しかした「この法律、変わってるな」と感じるものも正直ありますよね。本日は、カナダで一風変わった法律を皆さんに紹介していきたいと思います。筆者も調べてる中でおもしろい法律をたくさん知りました!


(free download from pexels)



それでは紹介していきます。


オンタリオ州
If you don't pay your hotel bill in Ontario, the hotel can legally sell your horse.
(もしホテルでお金を支払わなければ、そのホテルはその顧客の馬を売ることが法的に可能である。)

まずはこちら!ホテルの代金を支払わない人も滅多にいないでしょうがその人が馬を持っている確率まで含めるとどれぐらい低いのでしょうか(笑)

オシャワ(オンタリオ州)
In Oshawa, it is against the law to climb a tree.
(Oshawaでは、木に登ることは法律に反する)

こちらは日本人小学生は間違いなくびっくりの法律ではないでしょうか。僕も小さいころよく木登りをした記憶があります。。

ハリファックス(ノヴァスコシア州)
Taxi drivers are not allowed to wear T-shirts.
(タクシーの運転手がTシャツを着用することは認められていない)

もちろん仕事中の話ですが、Tシャツの着用は認められてないんですね。

カナダ全土
It is illegal to remove a band aid in public in Canada.
(カナダでは、公共の場でバンドエイドをはがすことは違法である)

こちらもびっくりですね。なぜこの法律がつくられたのか気になります。。



いかがだったでしょうか?なかなかおもしろいですね。今回紹介したのは一部でしたが、また他の記事で紹介できたらなと思っています。

では皆さん、よい一日を!

Tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

プリナップとは何ぞや

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。


皆さんは「プリナップ」という言葉を聞いたことがございますでしょうか?(プレナップと言う方もいるかもしれません)

本日はこのトピックについて説明していきたいと思います。

プリナップとは何ぞやと言いますと、prenuptial agreementという言葉の略で、日本語にすると婚前契約という意味です。この契約は、もし別居や離婚をした際に問題が生じないように財産、借金、配偶者・子供のサポートなどに関して結婚する以前に定めておくといった契約でございます。




(free download from pexels)


もちろん別居や離婚などに至らないことが一番ですが、もしもの時のために結婚する前にしっかりプリナップを結んでいくとよいと思われます。その際にはお互いにしっかり話し合い、フェアな条件で契約を結ぶのがベストですね。


Separation agreementという形であとから行うことも可能ですが、より多くの費用・時間がかかってしまいます。また精神的な余裕なども考慮すると、こちらのほうがより大変ではあるかと思います。



本日はプリナップについて紹介させていただきました。日本ではあまり馴染みのないことかもしれませんが、こちらで結婚する際には知っておいたほうがよいですね。


では、よい一日をお過ごしください!


Tomoko

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。