対面授業にあたってのエチケっト

 皆さんこんにちは。スペクト&プライヤーのTomokoです。

今週から多くの教育機関で対面授業が始まりました。私自身もUBCの学生なので勉強が始まり色々とバタバタ忙しい週でしたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日は学校が始まったにあたって気をつけたいことを皆さんにシェアしたいと思います。




(free download from pexels)

1、マスク着用

いくらワクチンを摂取済みでも誰が持っているかいつ移るか分からないのがコロナの怖いところです。大きな教室で300人もの学生が集まるような授業ではマスクの着用は徹底して行いたいですよね。

2、消毒

こちらもマスク着用と同じほど大事かと思うのですがよく出入り口に設けられている消毒液での手の消毒は必須になってくるかと思います。

3、ソーシャルディスタンス

各教室ごとにスタンダードはすこし違うかと思うのですが、1つ席を開けて座るなどができると他の学生にもそして自分自身にも安全に対面授業を行えるのではないかと思います。

4、クラス内での飲食

こちらはコロナ前だとほぼ多くの教授が許可していたことかと思うのですがコロナということで飲み物はいいとしても食べ物への配慮は必要になってくるのかと思います。

5、体調管理

これはとっても必須かと思うのですが今後風邪の時期に入り、コロナなのか単なる風邪七日の見分けがつけにくいことがあるかと思います。そんな時は無理して学校に行ったり軽視して見逃すのではなく教授や他の学生のことも考え登校するのを控えるなどしていきたいですね


ということでこの1週間を振り返って教授、学校そして友達間で話した対面授業にあたってのエチケっトをご紹介させていただきました。


皆さんも体調には気をつけて対面授業、楽しんでください!


では今日はこちらで失礼します。


tomoko

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

学校開始にあたって

 皆さんこんにちは、スペクトアンドプライヤーのTomokoです

カナダでは今週から大学を含む公立の教育機関では一年半ぶりにオンラインではなく対面授業が始まりました。

私自身も去年の3月以降ずっとオンライン、そしてコロナのワクチン摂取後でも様々不安な要素もありますが対面授業を安全にそして快適に過ごせるよう大学のみならず生徒の理解や行動が必要不可欠になってくるなと思います。

と言うことで今日は対面授業を安全に過ごすためのポイントを何点かご案内したいと思います。


(free download from rawpixel)


1、マスク着用

これは各大学が課していることかと思うのですが、やはり小さな1つの教室に300人ほどの学生が集合すると言うことになるので周りへの配慮、そして自分を守るためにもマスクの着用は必須ですよね

2、ソーシャルディスタンス

こちらもマスクと同様に周りへの配慮、そして自らへのリスク回避ということでできるだけ周りとの距離を置いていきたいものです。時には難しい時もあるかと思いますが一人一人の意識が大事になってきますね。

3、手洗い、消毒

こちらもコロナが始まって以来ずっと言われていることですが、携帯できる消毒液やこまめな手洗いは今後も必要不可欠になってくるかと思います。消毒で手が荒れてしまうという方ようにハンドクリームと消毒が同時に行える商品なども販売されているようなので肌が敏感な方もこれで安心ですね


ということでとてもベージックではありますが必要不可欠なポイントを対面授業が始まるにあたっておさえらいという形でご紹介させていただきました。

今後もなかなか先が見通せない日々が続きそうですが、こんな時だからこそ今までの教訓をもとに徹底して基本的なことを淡々と続けていきましょう!


Tomoko

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

交通事故にあった際

  皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのtomokoです。


こちらのブログでは、交通事故に関する記事をたびたび書いていますが、本日も私から交通事故にあった際にとるべき行動などを紹介していきたいと思います。



(free download from pexels)

交通事故にあった際には、下記の5点を心がけましょう。


・自身の責任だと認めないこと(sorryと言わないようにしましょう)
・できる限り多くの情報を集めること
・必要な医療のケアを受けること
・記録を保管しておくこと
・自身の法的権利を守るためのステップを踏むこと(お気軽に弊社にご連絡ください)




また、どのような情報を集めればよいかなどの情報に関してはこちらの記事で詳しく説明しているので、よろしければ併せてチェックしてみてください。


交通事故にもしあってしまった際には、焦ってしまうと思いますが、とにかく落ち着いてやるべきことをしっかりしましょう!

では本日はこのへんで失礼いたします。
tomoko

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

晴れの日おすすめの観光ポイント

  皆さんこんちはスペクト&プライヤーのTomokoです。

こちらでは天気のいい日が続いていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
レインクーバーといわれるだけあって特に冬は雪や雨の日が多く一か月に一度も太陽を見ることができないということもよくあるからかこんなに天気がいいと用事もないのに外に出たくなってしまうものです。

ということで今日は私が勝手につくった晴れの日おすすめの観光ポイントをご紹介したいと思います。

Closeup of woman covering her face with a red book
(free download from rawpixel)


1、スタンレーパーク
これは鉄板かと思うのですが晴れの日に海辺を歩いたり、サイクリングするにはうってつけの場所です。
自転車がなくても公園の付近にはたくさんのレンタルバイクの店舗が軒を連ねており、手ごろな価格でサイクリングを楽しむことができます。
また日によっては無料で参加できるヨガのクラスやダンス、音楽会などがビーチで開催されているので晴れた日のお散歩にはもってこいの場所かと思います。

2、ガスタウン
こちらは自然を楽しむというよりかはおしゃれな街並みを楽しむという目的の方におすすめなのですガスタウンはおしゃれな喫茶店、バー、お店が並び、観光名所でもある上記時計などもあるので晴れた日は特にお買い物などを楽しむことができるかと思います。
ダウンタウンからもすぐなので歩いてほぼすべてを回ることができるのもいい点ですよね。注意点としてはガスタウンから少し進むと治安の悪い場所などもあり、ホームレスの住居などが多いので夜の一人歩きや土地勘なしでのお散歩はお気を付けください。

3、ビクトリアパーク
こちらはダウンタウンからは少し離れているのですが、公園内にある植物園が多くの人から人気を集めております。そして公園から一望できるバンクーバーの街並みは最高の景色で晴れた時にしか見えないものなのでこちらもおすすめポイントです。
公園付近には古着屋さんやおしゃれなカフェなども多くあるので自然を楽しんだ後にショッピングなんていうルートもいいですよね。


ということで今日は法律とは全く関係のないお話をさせていただいたのですが、何か参考になると幸いです。

では今日はここまで。
また次の記事でお会いしましょう

Tomoko

交通事故にあった場合

 皆さんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。

今日は万が一交通事故にあった場合どのように対処できるのか、どのような事項を記録しておけばいいのかなどをご案内したいと思います。

Paramedic team rolling a stretcher on a street
(free download from rawpixel)


まず交通事故にあってしまった場合警察にすぐに連絡してください。
バンクーバーでは警察も救急車も同じ9-1-1なので救急車を呼びたい場合には救急車要請であることを伝えてください。
そのほかに確認しておきたい事項として
  1. 怪我の有無や重症度(けが人がいる場合、確かでなくても救急車を呼んでください)
  2. 相手の名前、住所、運転免許証の番号、ナンバープレート情報をどちらの責任の有無に問わず確認してください。(この時に相手の運転免許証をご自身で確認して名前と住所、免許証番号を確認することが必須です)
  3. 相手のナンバープレートに記されている州の確認
  4. 目撃者の名前と住所、連絡先
  5. 事故現場の証拠として可能な場合写真などを取っておくと便利です
  6. 事故の成り行き確認
があげられます。
BC州のナンバープレートか否かによって相談する法律事務所が変わってきますのでこちらの確認も見逃さないようにしてください。

その後正式な報告をICBCにすることになるのですがその際に様々な書類、証拠など法的な処置が必要になっておりますのでこの際、弁護士を雇うことをお勧めされています。

ただ、私共の法律事務所はBC州の法律事務所なので相手のナンバープレートがBC州のものである確認をお願いいします。

交通事故にあってしまうとパニックになって何をしていいかわからなくなってしまうかと思いますが大事なのは警察に連絡し相手の情報を集めそれをもって弁護士に相談しに行くという手順です。
それさえできればあとは法的処置にて解決することができますので落ち着いてくださいね☆

弊社は交通関係の案件を数多く受け持っており、日本人スタッフもおりますのでお気軽にお電話くださいね☆
では今日はこちらで失礼いたします☆


tomoko 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

ポストグラデュエーションビザ

  皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。

本日は、カナダで就労ができるビザのひとつである「ポストグラデュエーションビザ」を皆様に紹介いたします。


(free download from pexels)



まず簡単に「ポストグラデュエーションビザ」を説明いたしますと、こちらはカナダ政府公認の学校で8か月以上のプログラムを完了した方が申請できる就労許可です。ポストグラデュエーションビザの有効期間はプログラムの長さにより異なります。


プログラムが8か月~2年未満の場合は、プログラムと同等期間就労が許可されます。プログラムが2年以上の場合は、3年間の就労が許可されます。


申請の際は、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 申請時に18歳以上である
  2. フルタイムの学生として8か月以上就学していたこと
  3. カレッジや大学からのプログラムの修了証明書を所持していること
  4. カナダ政府公認の教育機関を卒業していること
  5. 修了証明書発行から180日以内に申請すること
  6. 申請時に有効な学生ビザを所持していること


より詳しい情報をお求めの方はこちらをご覧くださいませ。


ポストグラデュエーションビザを取得後、就労経験を積むことで永住権の取得にもつなげることができます。そのため、カナダへの移民をお考えの方や長期間の滞在をお考えの方にはとてもオススメです。


本日は、学校を卒業した後に就労ができるポストグラデュエーションビザについて説明させていただきました。では、have a great day!

Tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。