スペクト&プライヤーについて

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。


本日は皆さんに、我々スペクト&プライヤーについて紹介いたします。今までしっかりとした紹介ブログというものは、私は書いたことがなかったので、これを機に皆さんに知っていただくきっかけになればと思います。


(写真:弁護士 ロバート・プライヤー)


<スペクト&プライヤーとは>
バンクーバーのダウンタウンに位置する法律事務所です。弁護士はロバート・プライヤーのみで、他はアシスタントがサポートさせていただいております。アシスタントは全員バイリンガルで、中国語・日本語・韓国語に対応しております(少し前までスパニッシュスピーカーも在籍しておりました)。


<専門分野>
主な専門分野は「交通事故」「離婚等の家族問題」「会社設立」「遺言・遺産」「免許停止、交通違反チケット等の自動車関連」「暴行」などです。その他にもご協力できるケースなどがあるかもしれませんので、お気軽にお問合せくださいね。


<我々の魅力>
カナダに長く滞在しており英語が堪能な方でも、法律に関するお問い合わせは日本語が好ましいと感じられる方もいらっしゃるかと思います。スペクト&プライヤーでは、日本人スタッフが通訳対応いたしますので、ミスコミュニケーションは限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

また、弁護士のロバートは、お客様と身近な存在であり続けることを心がけています。過去に日本に4年間滞在したことをきっかけに、日本人の方と多く関わりを持ち「カナダにおける日本人社会がよりよくなるための架け橋」として、日々奮闘しています。とてもフレンドリーな人柄で日本にも親しみがあるので、オフィスにお越しの方は緊張されずにいらしてくださいね!


ウェブサイトはこちら。

お問合せ
Eメール:staff@spechtandpryer.com
Tel: 604-681-2500

では、本日はこのあたりで失礼いたします。

Tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118


  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

一風変わった法律

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。



当然ですが、皆さんにとって「法律」とはどのようなイメージでしょうか?日本でもカナダでも、生活をする上で、法律はなくてはならないものです。しかした「この法律、変わってるな」と感じるものも正直ありますよね。本日は、カナダで一風変わった法律を皆さんに紹介していきたいと思います。筆者も調べてる中でおもしろい法律をたくさん知りました!


(free download from pexels)


それでは紹介していきます。


オンタリオ州
If you don't pay your hotel bill in Ontario, the hotel can legally sell your horse.
(もしホテルでお金を支払わなければ、そのホテルはその顧客の馬を売ることが法的に可能である。)

まずはこちら!ホテルの代金を支払わない人も滅多にいないでしょうがその人が馬を持っている確率まで含めるとどれぐらい低いのでしょうか(笑)

オシャワ(オンタリオ州)
In Oshawa, it is against the law to climb a tree.
(Oshawaでは、木に登ることは法律に反する)

こちらは日本人小学生は間違いなくびっくりの法律ではないでしょうか。僕も小さいころよく木登りをした記憶があります。。

ハリファックス(ノヴァスコシア州)
Taxi drivers are not allowed to wear T-shirts.
(タクシーの運転手がTシャツを着用することは認められていない)

もちろん仕事中の話ですが、Tシャツの着用は認められてないんですね。

カナダ全土
It is illegal to remove a band aid in public in Canada.
(カナダでは、公共の場でバンドエイドをはがすことは違法である)

こちらもびっくりですね。なぜこの法律がつくられたのか気になります。。


いかがだったでしょうか?なかなかおもしろいですね。今回紹介したのは一部でしたが、また他の記事で紹介できたらなと思っています。

では皆さん、よい一日を!

Tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

協議離婚 2

 本日も私たちのブログを読んでくだりありがとうございます、スペクト&プライヤーのtomokoです。

本日は前回に引き続き協議離婚についてのご案内をさせていただきたいと思います。
Business people in a meeting
(free download from rawpixel)

昨日ご案内させていただいたように、こちらの協議離婚は従来の離婚と違って双方が平和にそして納得のいく離婚をすべく協力して進めていく離婚方法となります。

こちらの離婚方法の一番大きなメリットとしては精神的な苦痛を受けることなく、裁判所にも出向く必要がないため金銭面的にも多くを支払うことなく離婚を進めていくことができることです。

こちらの協議離婚は
  • 同性、または異性のカップル
  • 法的に結婚されているまたは事実婚のカップル
  • 子供がいるカップルまたはいないカップル
に該当し、こちらに当てはまるカップルは双方が納得している限りこちらの方法で進めていくことができます。

離婚の際にもお互いを尊重しあい、納得のいく協定を交わしたい方、またはご自身で話し合いの場に参加し、双方納得のいく離婚を執り行いたい方などに勧められている離婚方法とも言えます。
ただ裁判所を通さないからと言って弁護士を雇わなくてもいいというものではなく、協議離婚であったとしても顧問弁護士を双方持ち、法的離婚協議を進めていく必要があり、この話合いの際に、経済面での同意、資産分与や親権など法的に進めていくことができ、情報を共有することで双方にとってもメリットのある納得のいった協定を取り交わすことができます。

こちらの協議離婚については弊社で経験豊富な弁護士がご相談に乗ることができます。
なにかご相談などありましたらお気軽に日本語でも大丈夫なのでお電話ください☆
ではまた


tomoko 


SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

協議離婚

皆さんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。

今日は離婚を一番平和的に行う協議離婚というものをご紹介させていただきたいと思います。
こちらの協議離婚というのは金銭面のみならず精神面の負担も軽減され、双方が離婚を認めている場合にはとても理想的な離婚の手段といえるのではないかと思います。
離婚に携わって様々不安なこと、考えるだけでストレスになってしまうかと思いますができるだけわかりやすく、みなさんにご案内させていただきます。

Team working on a startup project
(free download from rawpixel)
先ほど申し上げたようにも、こちらの協議離婚の大きな違いとしては双方が離婚に納得し、双方弁護士を持ったうえで納得のいく離婚内容を決定すべく協力して進めていくという点です。

伝統的に知られている離婚と大きく違う点として
  • 裁判所へ行くことなく双方と双方の弁護士が合意書にサインしたうえで離婚を進めていくこと
  • 資産情報など含め双方が情報をシェアすることに合意していること
  • 資産、子孫、その他の問題をご自身またはご自身の弁護士含めチームワークとして進めていく
  • 双方の弁護士のみではなく話合いの場には4人で、ご自身と配偶者、また双方の弁護士も含め話し合いを行うこと
などが大きな違いとしてあげられます。

一番大きなポイントとしては話合い、離婚についての問題についてお互いを敵として扱うのではなく双方を尊敬し、話合いを真摯に進めていくことに納得しているという点です。

こちらの協議離婚について弊社でお手伝いさせえていただけます。
こちらは裁判所に出向く必要がないので費用的にもかなり抑えられるのみでなく、弁護士が話し合いに参加するので法的に合意書を執り行うことができます。

なにかご質問やご相談などありましたらお気軽にお電話ください☆

tomoko 


SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

パスポートを紛失してしまった場合

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。


今回は、パスポートを紛失してしまった・もしくはパスポートの更新期限を過ぎてしまった方に対するご案内をいたします。


(free download from pexels)


パスポートの管理には細心の注意を払うべきですが、時にはもしものことが起きてしまうこともありますよね。


パスポートの紛失・盗難・焼失された場合には、まずその旨を警察署に届け出たあと、「紛失一般旅券届書」を提出の上、パスポートの新規申請を行ってください。


パスポートの再発行の際は日本領事館に行っていただきます。

<申請の際に必要となる書類>


  1. 一般旅券発給申請書 1通(領事館にて配布、もしくはオンラインダウンロード)
  2. 紛失一般旅券等届出書 1通(領事館にて配布、もしくはオンラインダウンロード)
  3. 本人を確認できる書類
  4. 戸籍謄(抄)本 1通(6か月以内に発行されたもの)
  5. 写真 2葉 (縦4.5cm×横3.5cm)
  6. カナダ警察への届出書 1通
  7. カナダ滞在資格が証明できる書類
  8. 旅券失効、及び申請同意書(未成年による申請で親権者が申請署名欄にサインできない場合)

の以上でございます。



パスポートの再取得には、通常1週間を要します。


本日はパスポートを紛失し、新たに申請する際のご案内をさせていただきました。少しでも皆さんのためになりましたら光栄です。


では、Have a great day!


Tomoko
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

プリナップとは何ぞや

 皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのTomokoです。


皆さんは「プリナップ」という言葉を聞いたことがございますでしょうか?(プレナップと言う方もいるかもしれません)

本日はこのトピックについて説明していきたいと思います。

プリナップとは何ぞやと言いますと、prenuptial agreementという言葉の略で、日本語にすると婚前契約という意味です。この契約は、もし別居や離婚をした際に問題が生じないように財産、借金、配偶者・子供のサポートなどに関して結婚する以前に定めておくといった契約でございます。




(free download from pexels)


もちろん別居や離婚などに至らないことが一番ですが、もしもの時のために結婚する前にしっかりプリナップを結んでいくとよいと思われます。その際にはお互いにしっかり話し合い、フェアな条件で契約を結ぶのがベストですね。


Separation agreementという形であとから行うことも可能ですが、より多くの費用・時間がかかってしまいます。また精神的な余裕なども考慮すると、こちらのほうがより大変ではあるかと思います。



本日はプリナップについて紹介させていただきました。日本ではあまり馴染みのないことかもしれませんが、こちらで結婚する際には知っておいたほうがよいですね。


では、よい一日をお過ごしください!


Tomoko

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。