交通事故にあった場合

皆さんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。
今日は万が一交通事故にあった場合どのように対処できるのか、どのような事項を記録しておけばいいのかなどをご案内したいと思います。

Paramedic team rolling a stretcher on a street
(free download from rawpixel)


まず交通事故にあってしまった場合警察にすぐに連絡してください。
バンクーバーでは警察も救急車も同じ9-1-1なので救急車を呼びたい場合には救急車要請であることを伝えてください。
そのほかに確認しておきたい事項として
  1. 怪我の有無や重症度(けが人がいる場合、確かでなくても救急車を呼んでください)
  2. 相手の名前、住所、運転免許証の番号、ナンバープレート情報をどちらの責任の有無に問わず確認してください。(この時に相手の運転免許証をご自身で確認して名前と住所、免許証番号を確認することが必須です)
  3. 相手のナンバープレートに記されている州の確認
  4. 目撃者の名前と住所、連絡先
  5. 事故現場の証拠として可能な場合写真などを取っておくと便利です
  6. 事故の成り行き確認
があげられます。
BC州のナンバープレートか否かによって相談する法律事務所が変わってきますのでこちらの確認も見逃さないようにしてください。

その後正式な報告をICBCにすることになるのですがその際に様々な書類、証拠など法的な処置が必要になっておりますのでこの際、弁護士を雇うことをお勧めされています。

ただ、私共の法律事務所はBC州の法律事務所なので相手のナンバープレートがBC州のものである確認をお願いいします。

交通事故にあってしまうとパニックになって何をしていいかわからなくなってしまうかと思いますが大事なのは警察に連絡し相手の情報を集めそれをもって弁護士に相談しに行くという手順です。
それさえできればあとは法的処置にて解決することができますので落ち着いてくださいね☆

弊社は交通関係の案件を数多く受け持っており、日本人スタッフもおりますのでお気軽にお電話くださいね☆
では今日はこちらで失礼いたします☆


tomoko 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。