コロナ禍での賃貸トラブルに関して

皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのtomokoです。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。本日の記事は「賃貸トラブルを避けるためには」です。


カナダに滞在の日本人の皆さんの中には、賃貸をして暮らしている方が多くいらっしゃると思います。ひとりで住んでいる方、アパートやシェアハウスで他の方とシェアをして住んでいる方など、人それぞれですね。


そんな中、トラブルにあってしまった方の話も耳にします。特にコロナの最中でZoom内見などが増えてきている傾向にあるので、新たな賃貸トラブルも増えてきているようにも思います。
と言うことで本日の記事では、皆さんがトラブルにあわないための対策を紹介いたします。



(free download from pexels)




まず、一番大事な点をはじめに言います。それは、書面契約を結ぶことです。
この書面契約が非常に重要になります。


トラブルとして多く挙げられるのが、オーナー(landlord)との金銭トラブルです。「デポジットを返してくれない」「契約期間が事前の話と違う」「不当な代金を請求された」などが例として挙げられるでしょうか。

それらの類のトラブルは、書面契約にて防げることが多いです。
下にフォーマットのリンクを貼るので、こちらを印刷して記入いただくとよろしいかと思います。
https://www2.gov.bc.ca/assets/gov/housing-and-tenancy/residential-tenancies/forms/rtb1_chrome.pdf



次に挙げられるのが、騒音トラブルでしょうか。

ルームメイトが頻繁に夜中パーティをする音が騒がしくて眠れない、など日本では珍しいこともカナダではあるかもしれません。こちらに関して気になる方は、その家がホームパーティなどを許可しているか、事前に確認する必要があるでしょう。また反対に、友人など招き入れても構わないか事前に確認するのもよいでしょう。


その他、細かいこともストレスになる可能性がありますね。例えば、ルームメイトの共有スペースの使い方が汚い、朝に長時間シャワーを浴びる、洗い物をしない、などでしょうか。


こういった事に関しては、個人的には自分の意見を言うことが大事だと思います。こちら側の「当たり前」が相手にとって当たり前でない可能性もあります。

僕も以前に、ルームメイトが朝ウォッシュルームを占領するため困っていましたが、こちら側の考えを伝えるとその後円滑にいくようになったので、言ってよかったなと思いました。


家は生活するうえで不可欠であるため、トラブルなどを最小限に抑えて快適に生活ができるといいですね。

では、本日はこのへんで。Have a wonderful day!


tomoko

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。