ダメ。ゼッタイ。マリファナ事情 in Canada


こんにちは、スペクト&プライヤー法律事務所の日本人パラリーガル兼通訳のIreneです。

日本では絶対ダメ!なマリファナ。
しかしカナダでは合法じゃないの?
みんな吸ってるし、ちょっとはいいじゃない?
だってココは日本じゃないもん。
なんて思っているそこのあなた!!
ダメ。ゼッタイ。です。

でも、いきなり頭ごなしにダメと言われても
説得力に欠ける・・・、というもの。
そこで、今回は「なぜ ダメなのか?」という理由を
法律的な側面から解説したいと思います。
もちろん、健康に及ぼす害 等々もあるかと思いますが、
そちらは門外漢ですので、ご容赦ください。。

さて、まずは日本の法律を見てみましょう。
カナダでマリファナを吸うのに、なぜ日本の法律??
と思われる方もいるかもしれません。
勘違いしている方も多いのですが・・・。
もしあなたが日本国籍ならば、
従うのは日本の法律なのです!!

ここで見ていただきたいのは、以下の3つの条文です。

<大麻取締法>
24条の8
24条、第24条の2、第24条の4、第24条の6及び前条の罪は、刑法第2条の例に従う。

24条の2
大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、5年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、7年以下の懲役に処し、又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金に処する
3 前2項の未遂罪は、罰する。

<刑法>
第2条
この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。

お分かりいただけたでしょうか?
簡単に言えば、
日本人(=ここでは日本国籍を所有する人、という意味)
たとえその国では合法であったとしても
マリファナ(=大麻)は所持だけでも犯罪です!!
つまり、あなたが日本人ならば、
海外だろうと国内だろうと
アムステルダムだろうとバンクーバーだろうと、
大麻を所持したり譲渡したりするのは、
違法刑罰の対象になるんです!!
もちろん、これらは他の薬物・危険ドラッグに関しても同様です。

次に、現在のマリファナに関するカナダの法律を見てみましょう。
まず初めに、
合法とされているのは医療用目的のマリファナのみです。
これはカナダ全土で同様です。
つまり、医療用のマリファナの使用はカナダ中どこでも違法です。
そして、たとえ医療用でもマリファナを販売することができるのは
Health Canada(カナダ保健省)からライセンスの発行を受けた、
正式な売り手のみです。
それ以外は、すべて違法であり、
そこで売られるマリファナに
安全性(栽培方法、衛生問題、治験等)の保証はありません。
また、カナダでは
2017年春にはマリファナに関する大幅な法改正
が行われる予定です。
ここでは、医療目的のマリファナの合法化
が進むことになっていますが、これは決して
マリファナの使用拡大を意図したものではありません
カナダ政府が公約しているのは以下の点です。

  • 法律化・明文化することにより、マリファナへのアクセスをより厳しく管理・制限する
  • 若年層のマリファナ使用を防ぐ(簡単に入手できないようにする)
  • 違法な薬物ディーラーを取り締まる
  • 非医療目的のマリファナ使用を厳しく取り締まる
  • 公共の安全と健康を守る (薬物使用後の車の運転取締り強化 等)

つまり法改正後も、
依然として医療目的以外のマリファナ使用は違法です。
そして、今後より厳しくマリファナは取締りの対象となる予定です。

要約すると、結局、ダメ。ゼッタイ。なんです。

ただし・・・・・・・、
人間は間違いを犯すものです・・・。
もし薬物を使用して逮捕されてしまったら、、、
スペクト&プライヤー法律事務所Tel:604-681-2500)
までご連絡ください。
刑事弁護もやっています。相談は日本語でOkです。

でも、ダメ。ゼッタイ。ですよ!!


  今回の記事はカナダ政府及びHealth CanadaHPを参考にしています。
より詳しい情報は、以下をご参照ください。
※日本の法律リンク  刑法  大麻取締法


ではまた☆

Irene


1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Web: www.spechtandpryer.com 



  • 記事の内容は正確な情報を書けるように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村