自動車事故に遭った時

こんにちは!スペクト&プライヤーの弁護士助手兼翻訳のAyaです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?最近はすごく暑いですね。日本も大雨や猛暑で大変なんだとか。皆様のご家族や友人が無事でありますよう、スペクト&プライヤー一同、願っております。

さて、前回は免許証についてお話させていただきました。さぁ、カナダで運転をしよう!となって、いざ運転ですね。安全運転をお願いします。
Free download Pexel 


しかし、いくらあなたが安全運転をしていても、事故は起こるものです。巻き添えをくらう場合があります。ではそんな時、どう対処すればいいでしょうか?

事故があったその場で得るべき情報のリストをシェアします。

  1. 事故に関わったすべての人の名前、連絡先、ナンバープレートを控える
  2. 運転免許所の番号を控える
  3. 両者の保険を確認する
  4. 事故の目撃者を見つけ、連絡先を聞く(裁判になった時、有利になる可能性があります)
  5. 現場の写真を撮る

です。できるだけ多くの情報を得ましょう。そして弁護士など専門家の法律相談を利して、今後の対策を考えまょう。
持っている情報によって、その後の法律手続きの有利不利に差がでてくることがあります。
そんな時はぜひスペクト&プライヤーまでご連絡ください。ICBCでの経験豊富な弁護士があなたのケースの相談にのらせていただきます。

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com
Web: www.spechtandpryer.com





では安全な一日をお過ごしください。次回も交通事故に関連して、さらにその後の対応について、お話したいと思います。

では☆
Aya
  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。