【カナダ・移民情報】Parent and Grandparent Program, 2014年1月より再開

皆さんこんにちは!法律事務所Specht & Pryerのスタッフです。

先週、CIC(Citizenship and Immigration Canada)よりParent and Grandparent Programの受付が2014年1月2日から再開されることが発表されました。
このプログラムはカナダの市民権・永住権保持者がスポンサーとなり、母国の両親・祖父母の永住権獲得をサポートできるというものです。

2012年から、大量に溜まった未処理の手続きにより待ち時間が長くなりすぎたため一時的に受付がストップされておりましたが、来年より再び受付を再開します。これにより待ち時間が半分程度になることが予想されます。

  1. 2012・2013年にカナダ政府は50,000人にこのPGPプログラムで永住権を与えます。これは過去20年で最高値で、2014年も引き続き高い確率で認可がおりるでしょう。
  2. Super Visaが正式なものとして引き続き採用されます。Super VisaとはPGPプログラムの一時中止期間に新たに執行されたもので、10年有効なビザとして使われています。
  3. PGPプログラムのスポンサーになるにあたり、新しい審査基準が設けられました。特に経済的な面で水準が高くなりました。
  4. 2014年には5000件の申請が受理される予定です。
CICのKenny長官は「新しくなったPGPプログラムにより、納税者や限りある社会プログラムを尊重しながら、市民権・永住権保持者の家族とカナダで過ごすことを支援していく」とコメントしております。

市民権・永住権をお持ちの方で、ご両親・ご祖父母とカナダで暮らしたいという方も多いのではないでしょうか。手続き期間がより短くなったことで、一人でも多くの方が恩恵を受けられることを願っております。

より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは素敵な三連休をお過ごしください。

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com
Web: www.spechtandpryer.com