安全に暮らす in Vancouver

こんにちは、Specht & Pryer 法律事務所のIreneです。

つい先日、2017年1月10日、外務省がカナダに関する「安全対策基礎データ」を改訂しました。この基礎データはカナダにおける犯罪発生状況、防犯対策、査証、出入国審査情報、滞在時の注意事項や関係機関連絡先等が掲載されています。

今日はこのデータをもとに、
バンクーバーで安全に暮らすための注意点等を書いてみたいと思います。

カナダは,一般的に治安が良いと言われていますが,犯罪発生率(人口10万人当たりの犯罪認知件数)は日本の約5倍の水準となっています。日本人の渡航者,滞在者が犯罪に巻き込まれる事案も発生していますので,防犯対策は日本にいるとき以上に注意が必要です。
これは、私たちの住むバンクーバーも例外ではありません。


<どんな事件が実際に起きているのか?>

★ 置き引き
犯罪の傾向として最も多いのは窃盗犯罪、とりわけいわゆる「置き引き」と言われるものです
旅行者や留学生を狙った置き引き等の窃盗犯罪は、空港、ホテル・ロビー,レストラン,ショッピングセンター,観光地のほか,図書館やカフェ等々、あらゆる場所で起きています。

★ 車上荒らし
バンクーバーで最近多発している他の窃盗犯罪は、いわゆる「車上荒らし」です。
観光地等で駐車している車の窓ガラスを割り,車内から物を盗むという手口です。

★ 詐欺
同じく車関連というと、 レンタカーを借りる際に金額未記入のクレジットカードの伝票にサインさせられて,後で多額の請求書が送られる等という被害も発生しているようです。

★ 殺人
麻薬取引やギャング同士の抗争等,銃器を使用した殺人事件等が増加しています。

★ 強盗
夜間のスカイトレイン駅の周辺などで不意に襲われ所持品を奪われたり,銃器や刃物で脅され所持品を盗まれるといった強盗事案が発生しています。


<どんな防犯対策が有効か?>

☆ 間の一人歩きは避ける 
  ➡ 暗く,人通りの少ない場所は避け,街灯がありひと気のある場所を選んで通る。

☆ 現金や貴重品は必要な時以外は携行しない
  ➡ カナダは少額でもカード決済が可能ですので、多額の現金/貴重品の携行は極力避ける。
  ➡ そして、万一襲われた時は抵抗はしない。

☆ パスポートの取り扱いに注意を払う
  ➡ 日本人のパスポートを狙ったパスポート専門の窃盗グループが存在し,現金等貴重品とともにパスポートも盗まれる被害が多発しています。パスポートを携行する際,脱いでいる上着のポケット等に入れたままにせず,必ず身に付けて携行するよう,特に注意が必要です。

☆ 犯罪者に隙をみせない。犯罪を誘発しない
  ➡ 犯罪者はまず,多額の現金や貴重品を所持しているターゲットを物色し,そのターゲットの隙を狙います。財布の中身や貴重品を携行していることを他人に知られないように留意することが必要です。また,ひったくりされにくい荷物の持ち方等で犯罪を警戒していることを示すことによって,被害に遭う確率を低くすることができます。

☆ 面識のない人を安易に信用しない
  ➡ カナダの国民性は,一般的に親切ですが,知り合ったばかりの人の家へ安易に行ったり,自動車に同乗したりしないことが賢明です。とにかく、知らない人にはついていかない!!

☆ を利用する際も盗難に注意する
  ➡ 車の鍵のこじ開けは,犯人にとって容易なことなので,ハンドルロック棒等を利用し,盗難防止措置を施していることをアピールすることも必要です。また,駐車する際は割高でも人目のある駐車場を利用することが大切です。記念写真の撮影等でほんの数分でも,車中に貴重品は残さないようにしてください。

☆ 治安の悪い場所を避ける
  ➡ バンクーバーの一部(ダウンタウン東地区,中華街近辺等)は,麻薬中毒者や浮浪者等がたむろしているため治安が悪く,注意が必要です。特別な用事のない限り,このような治安の悪い地区には立ち入らないでください。


< 万一犯罪に巻き込まれた場合>
☆ すぐに警察に届けてください。電話による緊急連絡は911へ。
  ➡ バンクーバー市警においては『Japanese Please』と言えば,日本語でも対応してくれます。

※ さらに詳しい情報は、在バンクーバー日本国総領事館のページでご確認ください。



今日は怖い話ばかりになってしまいましたが、基本的な注意を怠らない限り、バンクーバーは住みやすい街です。
防犯対策をきちんとして、安心してバンクーバー生活を楽しみましょうね♪

ではまた☆

Irene

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com 
Web: www.spechtandpryer.com