カナダに移住するには その3

みなさんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。
冬で雨や曇りの日が続いていましたが今日は久ぶりに晴れてとっても気持ちのいい日ですね!天気が晴れると気持ちも晴れる!というところでしょうか☆

そんな気持ちのいい今日は昨日に引き続きカナダに他の方法で移住するご案内したいと思います。

A Shuttle Training Aircraft piloted by NASA astronaut Chris Ferguson. Original from NASA. Digitally enhanced by rawpixel.
(free download from rawpixel)

方法は多々あるのですが一番早い方法として申し上げられるのが昨日申し上げたエクスプレスエントリー。
ただこちらの方法の場合様々な要綱や規定がありそちらに該当する方のみ申請できるのでその規定の職業に就いていない方、教育レベルの規定や既定の英語力に該当しない方などはこちらから申請する事は不可能になっております。

ただ!ここで朗報です。
カナダは移民を多く受け入れている国という事もあり他にも多々申請方法があるのです。

その中の1つとして本日はBC州の州指定プログラム(BCPNP)という方法をご案内させていただきます。
このBCPNPというのは州に指名され、それをもってカナダ政府にPRの申請をするという方法で、その中にもエクスプレスエントリー、既定の分野を専攻し職に就いている人などカテゴリーは様々あります。
(ほかの方法についてはこちらをご参照ください)

エクスプレスエントリーと少し似ている方法としてあげられるのがエントリー&セミスキルワーカーのカテゴリーがあり、その申請資格として

  1. ホスピタリティー関連の仕事を継続してフルタイムで最低9か月間働いていること
  2. 恒久雇用のジョブオファーを雇用主から取得していること
  3. 既定の語学力を満たしていること
  4. 資金証明
  5. 合法的にカナダに移住することが可能であること
  6. カナダで最低賃金を得ていること
などがあげられます。
こちらの場合エクスプレスエントリーと比べて時間はかかるものの、雇用主からのサポートとホスピタリティー関連の仕事を持っていれば申請できるので有難い申請方法ですよね。

この方法で申請する場合は雇用主が申請のサポートをするための条件などもありますので詳しくはこちらをご覧ください。

どの申請方法が該当するのか、たくさんある必要書類はどう集めればいいのかなど不明な点も多いかと思います。
弊社では移民相談も数多く受け持っておりますのでお気軽にご相談ください。日本語でも大丈夫です☆
ではまた☆




tomoko 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。