交通事故にあったら


皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのKyoheiです。

本日もブログを読んでくださりありがとうございます。
今回の記事では、皆さんが万が一交通事故にあった場合どのように対処すべきかご案内させていただきたいと思います。



(free download from pexels)

まず、交通事故にあってしまった場合すぐに警察に連絡してください。
バンクーバーでは警察も救急車も番号は911なので、救急車を希望する場合はその旨も伝えてください。


そのほかに確認すべき事項としては

  1. ケガの有無や重症度(けが人がいる場合は救急車を呼んでください)
  2. 相手の名前、住所、運転免許証の番号、ナンバープレート等の情報(この際に相手の運転免許証をご自身で確認して名前と住所、免許証の番号を確認してください。写真をとるのが一番よい方法かもしれません)
  3. 相手のナンバープレートに記されている州
  4. 目撃者の名前、住所、連絡先
  5. 事故現場の証拠となる写真の撮影
  6. 事故の成り行き

等があげられます。
BC州のナンバープレートか否かによりケースが変わってきますので、もし他の州のものの場合はしっかりと記録しておきましょう。

その後保険会社であるICBCに連絡する流れになりますが、法的問題等も発生しうるので弁護士に相談することをおすすめいたします。(※弁護士を雇うことにより、請求できる額が多くなります)


交通事故にあってしまうとパニックに陥り、何をすればよいかわからなくなってしまうかもしれませんが、①警察に連絡し②必要な情報を集め③弁護士に相談するというステップを落ち着いて踏めば、何も心配することはありません。


我々スペクト&プライヤーでは、今まで交通事故にあわれた方を何人もサポートしてきました。日本語でのお問い合わせも可能ですので、お気軽にご相談くださいね。ご連絡は604-681-2500もしくはstaff@spechtandpryer.comまでお願いいたします。


では、本日はこのへんで。Have a wonderful day!


Kyohei
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。