Co-opビザ(プログラム)とは


皆さんこんにちは、スペクト&プライヤーのKyoheiです。

本日もブログを読んでくださりありがとうございます。
本日の記事では、カナダに滞在する方法のひとつであるCo-opビザについて説明いたします。


<Co-opプログラムとは>

"Co-op"という単語を耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。Co-opプログラムは、簡単に言うと「学校に通うこと」と「働くこと」がセットになっているプログラムです。学校に通い勉強をする期間と、その実務経験として働く期間があり、学校で学んだ内容を実務の場で活かすことができるというメリットがあります。



(free download from pexels)


<Co-opプログラムの特徴>

  • プログラムが「学校に通う期間」と「働く期間」で構成されており、就業経験を積むことがプログラムを完了するための条件になっている
  • 「働く期間」がプログラムの全体の期間の50%以内である(例:プログラムの期間が一年の場合、半年より長くCo-opとして働くことはできない)
  • 「働く期間」が20%よりも長い場合、有給でなければならない(BC州)

<Co-opプログラムの魅力>

Co-opプログラムの魅力は、学校で学んだことを実務の場で活かすことができる点です。例えばホスピタリティのプログラムであれば、学校で学んだあとにホテルやレストランなどで就業経験を積み、実際のカナダでのホスピタリティ業界の「リアル」を体験することができます。


また、年齢制限のためワーキングホリデービザが取得できない方にとっては、就業経験を積むことができる別の手段であり、魅力的ですね。永住権の取得を目指している方も多いと思うので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。


Co-opプログラムの期間、またどのようなプログラムがあるか、などは学校により変わるのでまずは自分の興味のあるプログラムについて調べてみることをオススメいたします。



本日は、Co-opプログラムについて紹介させていただきました。
では、このへんで失礼いたします。Have a great day!


Kyohei
SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118
Email: staff@spechtandpryer.com | Web: www.spechtandpryer.com

  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。