留学生の永住権取得が難しくなっています

こんにちは。スペクト&プライヤー法律事務所のロバートです。
今回はカナダの大学を卒業する留学生についての話題です。

カナダの移民システムの大幅な変更により、カナダの大学を卒業した留学生にとって、永住権を取得する事が以前より難しくなりました。
今年の11日から始まった新たな移民選択システムでは、永住権を取得するための条件が増やされました。


カナダ政府はポイントを基にしたシステムを使い、多くの候補者の中から決まった数を選ぶのですが、点数はカナダの企業からオファーを受けた方か、各州の推薦を受けた方に多く与えられます。
また企業からのオファーを受けた方もLMIAを雇用主から受け取らなければなりません。LMIAとは外国人労働者を保護するためのプログラムです。
この新しいシステムは、今までLMIAを必要とせずに永住権を取得することが出来ていた大卒の留学生に大きな影響を与えています。

新たなシステムが施行される前の候補者は直接永住権を取得するプログラムに応募することが出来ましたが、現在はたくさんの候補者の中から選ばれることで応募が可能になったのです。

昨年は、約30万人の留学生が、卒業後容易に永住権を取得することが出来るカナダの大学に通っていました。

カナダの移民情報は変更することがとても多いので、常に注意をしておく必要があります。


移民をお考えの際は、経験豊かな我々に是非ご連絡ください。

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com

Web: www.spechtandpryer.com