カナダのお酒にまつわる法律はとっても厳しい!

こんにちはスペクト&プライヤー法律事務所のスタッフです。
サマータイムも始まりまして、ちょっとした時間の違いに少し戸惑う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はカナダのお酒にまつわる法律についてお話ししようと思います。


公共の場での飲酒と未成年飲酒について、以前の記事でお話した通り、カナダのお酒にまつわる法律は日本と比べてとても厳しものとなっております。
(ご覧になってない方は是非コチラまでhttp://spechtandpryer.blogspot.ca/2013/07/blog-post_16.html


車の同乗者に対しても飲酒を禁止する法律があるのをご存知でしたでしょうか?


もちろん運転手の飲酒は禁止ですが、助手席や後部座席にいる同乗者も飲酒が見つかると罰せられるのです。




また、いつでも飲める状態(蓋や封がされていないということ)でアルコール類を車中に置くこと自体も禁止です。

日本では数年前までは身分証の提示なしにアルコール類を買うことが出来る自動販売機もあっただけに、ここまで厳しい法律には少し驚かれる方もいるかとは思いますが、
お酒を飲まれる際にはこういった点に十分お気をつけて楽しんでください。

Specht&Pryer
1150-789 W Pender St. Vancouver B.C.
Tel:604-681-2500
Email: staff@spechtandpryer.com
Web: www.spechtandpryer.com