離婚について

みなさんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。

今日は少しわかりにくく感じてしまうカナダでの離婚の種類について簡単にご紹介したいと思います。

 Breakup marriage couple with divorce certification
(free download from rawpixel)



カナダでの離婚方法は日本とは少し異なり法的に結婚されている場合一年以上別居していることやどちらかが精神的、または身体的に暴力を振るったなどその他にも該当している項目がないと正式に離婚することが難しいなど少しややこしく感じる方もいるかと思うのですが今日は簡単にどのような方法があり、どのような方に向いているのかなどをまとめてご案内させていただきます。

離婚の種類

  1. Divorce for legally married couple -こちらは法的に結婚されているカップルが唯一結婚を終わらせることのできる法的な離婚です。この方法で離婚する場合何点か条件がありそれを満たして初めて離婚の申請をすることができます。この中にもuncontested/contested divorce という二つの種類があり、uncontestedは双方が親権や財産などの取り決めに合意しているもの、その反対でcontestedは双方が離婚には合意しているもののそれに伴った内容に合意していないときのことを指しています。
  2. Separation for common law couple-これは事実婚で結婚しているカップル対象の離婚方法でこちらの場合1で述べさせていただいた離婚とは違い法的手段をとることなく双方の合意のもと離婚をすることができます。
  3. collaborative divorce-こちらは日本でいう協議離婚に当てはまり、法的に結婚されているカップルでも事実婚のカップルでもどちらにも対象で双方が離婚に納得している場合弁護士をもって平和的に裁判所へ出向くことなく進められる離婚方法で金銭面のみならず、精神的にもメリットが大きいものとなっております。
その他にも離婚の方法はカップルにより異なりますのでご参考までにお願いいたします。
カナダでの離婚ということでわからないことなど多々あるかと思いますがなにかご不明な点などございましたらお気軽にお電話、またはメールなどでご相談ください。

ではまた☆


tomoko 


SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。