BC州の健康保険MSPー1. カバー内容

はじめまして、スペクト&プライヤー通訳担当の安藤です。
ブログ担当だったAyaさんが学業にしばらく専念されることになったため、彼女がお休みを頂いている間代打としてしばらくブログを担当します。
私の本業である保険や投資についてが中心になるかと思いますがどうぞしばらくお付き合い下さい。(ブログ内にあるバンクバーの保険屋さんのウェブサイトにもどうぞお越しくださいね!)



Photo by rawpixel.com from Pexels



さて今回はMSPについてお話したいと思います。
MSP(Medical Service Plan)とはBC州の公的医療保険です。日本でいう国民健康保険に当たります。今回はMSPの特徴を紹介したいと思います。

1. カバー内容
MSPは必要な医療のサービスをカバーし、医療上必要のないものについてはカバーしません。そして基本的には医療費の100%がカバーされます。
ですので病気やケガで病院を訪れた際にはお会計なしで病院を去ることができます。

カバーされないものとして具体的にいくつか例を挙げると
  • 整形手術
  • 定期的な目の検査(ただし19-64歳の方のみ)
  • 歯科治療
  • カイロプラクティックやマッサージセラピー等
  • カウンセラーや心理学者のサービス費用
  • 救急車の費用
  • 処方箋
などがあげられます。処方箋や救急車がカバーされないというのはちょっとした落とし穴ですね。


続きはまた次回!
次はどなたがMSPを持つことができるのか等についてまとめたいと思います。


SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118
Email: staff@spechtandpryer.com | Web: www.spechtandpryer.com

  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。