バンクーバーで語学留学!

こんにちは、スペクト&プライヤーのtomokoです。
天気予報を見ても今週はほぼ毎日雨模様でバンクーバーならずレインクーバーがやってきたという感じですね!
そんな今日はバンクーバーの語学留学について少しご案内したいと思います。

student, education, tablet, device, school, college, university, library, learning, diverse, child, classroom, digital,...
(free download from rawpixel)

バンクーバーといえば学生のみならず多くの国からの観光客、移住者、または労働者などの方が訪れる街で国際色がとっても豊かで街を歩いていれば様々な言語の聞こえてくるとってもインターナショナルな街ですよね!
カナダの英語は発音もきれいで訛りなどがないという点でも多くの学生から人気の理由なのではないでしょうか?

そんなバンクーバーで語学留学をするにはどのような手順を踏まなければならないのか、どのような学校があるのか、ビザの種類など今回は紐解いていきたいと思います。

学生ビザ申請
まず初めに半年以上就学する人は学生ビザというものが必要になってきます。
その申請はカナダに来る前に日本から申請することになります。
申請時には
  1. 学校からの入学許可証
  2. パスポート
  3. カナダ滞在中に経済的に生活できることの証明(銀行の残高証明)
が必要になってきます。

申請費用としてカナダドルで150ドル、申請してからのプロセス期間は国や時期によって異なるので早めの申請をお勧めいたします。

就学予定期間が半年以下の場合はこの学生ビザは必要ないのですが、もしも延長して勉強したいなどの可能性がある場合は事前にビザの所得が推奨されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

語学学校について

ここでわくわくしてくるのがどの学校に就学するかということですよね。
選択肢としては語学学校、専門学校、短期大学、そして大学などがあるかと思うのですが基本的に語学学校を除いては入学条件がある教育機関が主なのでもしも語学学校に通うことなく大学などに入学したい場合が学校のホームページから入試要項など確認しておくといいですね。
また語学学校についてはバンクーバーのダウンタウンだけでも多くの語学学校があり勉強したい内容、希望の学校の雰囲気、ロケーションなどによってたくさんの選択肢があります。

語学学校を経てワーキングホリデーに変えられる方も、大学進学を目指す方も、語学学校のみで帰国される方も、何がしたいのか、何を学びどこに繋げたいのかなどご自分の目標を明確にしておくとご自身にぴったりの学校がみつけられるかもしれませんね☆

ビザの種類

さて最後にご紹介したいのがビザの種類について。同じ学生ビザとはいえ就学している教育機関や就学期間、フルタイムかパートタイムかなどによって内容が少しづつ変わってきます。

まず語学学校にて就学目的の学生ビザの場合は基本的に労働は認められていませんが大学などカナダ政府公認の教育機関に就学され、フルタイムで通学されている場合は週に20時間学校外での就学が許可されています。
ただ何件かの例外もありますので詳細はこちらをご覧ください。

さて今日はバンクーバーの留学情報などをご案内させていただきました。
ビザの手続きやその後の移民申請などなにかご相談ありましたら弊社までお気軽にご連絡ください。日本人スタッフもおりますので日本語でも大丈夫です!
ではまた☆

tomoko 



SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。