BCIDについて

皆さんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。
日々気温も下がり肌寒い日が続いていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

今日はBC州の強い身分証明書、BCIDについてご案内したいと思います。
Fingerprint Identification Individuality Investigation Concept
(free download form rawpixel)

バンクーバーでお酒の購入時、バーやクラブへの入店時、必ずと言っていい程二つの身分証明書を提示する事が要求されます。
バンクーバーの免許証などを持っていない方はこれがパスポートなどになる事が多いのかと思うのですが頻繁にパスポートを持ち歩くことに関して不安を抱く方も多いのではないでしょうか。
私自身バンクーバーに来たばかりのころは友達とレストランで一杯のワインを飲むためだけにパスポートと学生ビザを持ち歩くことにとても不安を抱いていました。
バンクーバーは平和な街ではありますが万が一盗まれてしまった場合、なくしてしまった場合などを考えると怖くて仕方なかった事を覚えています。

そんな方に朗報です。
BC州ではBCIDという運転免許証と同じくらい強力な身分証明書があり、規定を満たせば留学生でも簡単に取得することができるのです。

BCIDの申請時に持参すべきものとして
  1. 学生ビザ、または労働ビザ(半年以上有効期限のあるもの)
  2. ID(パスポート)
  3. 発行費用($35)
の三点になります。

また引っ越しに伴った住所変更などの場合は電話、オンライン、またはオフィスにて変更可能になっており、引っ越してから10日以内に変更する事とされています。
一番早い方法はオフィスでの変更になりますが詳しくはこちらをご覧ください。

では本日はBCIDに関してご案内させていただきました。
明日は日本の免許からBC州の免許に切り替える方法についてご案内させていただきます☆

ではまた


tomoko 



SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。