カナダでペットを飼うには?

皆さんこんにちはスペクト&プライヤーのtomokoです。
今日は金曜日!皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
町を歩いていると犬を散歩している人々を多々見かけることがありそのたびに犬が欲しい!!と思ってしまうのは私だけでしょうか。。。
きっとそんなことはないはず!
ということで本日はカナダで犬を飼うにはどのような手段があるのかなどをご案内したいと思います。

Small black dog in a blanket
(free download from rawpixel)

まず初めに確認するべき事として犬を飼育することが許可されている物件かどうか、オーナーへの確認が先決です。
バンクーバーでは残念ながらペットの飼育を許可している物件はなかなか見つけることが難しく、特にシェアハウスなどの場合は厳しい場合が多いです。

もしペットの飼育が可能な場合はペットデポジットの支払いになるのですがこれh入居した時のデポジットとは別物でペット飼育によるダメージをカバーするもので平均100-200ドルのところが多いようです。

これらの手続きを踏んでやっとペットを迎える環境が整います。
ここで2つある選択肢として
1、アダプト
2.フォスター

があげられます。日本ではペットショップに行ってペットを購入する方が多いのかなお思うのですがカナダではペットショップでペットを販売することは禁止されており、多くの人はシェルターから飼い主を探しているペットを引き取って新しい家族として受け入れるという方法が多くみられています。
新しい子犬を買うのではなく飼い主を失ってしまったペットの新しい一生の家族となるという素敵な考えですよね☆

フォスターという言葉に聞きなれない方も多いのかと思うのですが大まかな違いとしてはペットをアダプトする場合はアダプションの費用を支払いペットを一生責任もって面倒見るというのと反対にフォスターは一シェルターで引き取り先を待っているペットを一時的に自宅で飼育するというものになります。

将来どうなるかわからないけどもペットを飼育したい、愛情を注ぎたいという方にぴったりのプログラムとなっております。
この場合は獣医費用や餌代などシェルターの団体から支払われることが多いのが現状です(団体によって異なりますのでこちらは各団体にご確認ください)

このフォスタープログラムなのですがこれはペットのための制度なので団体により質問事項は異なりますが基本的に申請時に家の環境、平均何時間くらいペットと一緒に過ごせるか、同居人の年齢、人数そしてフォスターをするにあたって推薦人が1-2人必要になってきます。

それを経て団体の自宅の確認、オーナーへの確認を団体が行った後フォスター可能なペットの紹介を受けるという流れになります。

ペットはとてもかわいく人生の最高のパートナーになるとともに大きな責任も伴ってくるのでこちらの判断は慎重にしたいものですよね。

では今日はここまで☆
ではまた

tomoko 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors 
Suite 1150 - 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118
Email: staff@spechtandpryer.com | Web: www.spechtandpryer.com



  • 記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
  • 当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。